パガニーニ

 2012-09-07
ヴァイオリンがどうなのかはよく分からないけれど、
バレエはいくつかの流派があって、フランス、ロシア、イギリスなど、
それぞれ特徴があって少しずつ違いがあります。

先生にそんなお話しをしたら、音楽とバレエのお国柄による特徴に、共通する部分があるようです。
何にでも国民性というのは表れるものなのでしょうね。

わたしの数少ない経験から、自分はフランスのバレエが一番好きだなぁ…と思います。
先生は、音楽はイタリアが一番だとのこと。
そしてヴァイオリンは何と言ってもパガニーニだそうです!

名前だけは知っていましたが、改めて調べてみたら恐ろしいほど凄い人だったようです。
ヴァイオリンの神様というと、大抵ハイフェッツのことを言うようですが、
パガニーニは「悪魔に魂を売り渡した」とうわさになるくらいの超技巧的ヴァイオリニストだったそうです。

アクロバットのような、他の人がやったことのない演奏をしたとのことですが、
200年以上前の人なので当然演奏の録音なども無く、
人に練習を見せなかったり、作曲した曲の楽譜も公にせず処分したものもあったようです。

「パガニーニの24の奇想曲」というのがあり、
今、わたしが「カイザー練習曲集」と格闘しているように、
ヴァイオリンを弾くものは最終的にはこのパガニーニに挑戦して格闘する、らしいです。

この最後の24番をハイフェッツが弾いている映像を見たことがありますが、
一体何が起こっているの?と思うような、ただ普通にヴァイオリンを弾いているだけでは出ないような
いろいろな音がしていました。(だから超技巧なのでしょうが…)

こういうものは、自分とはまったく縁がないよなぁ~と思うのですが…。
(うん、普通は縁が無いですよね~。)


関連記事
コメント
こんにちは。
私はバイオリンの卓越した世界はよく分かりませんが、
こんど映像みてみます。

ところで、今度バレエのことも書いてくださいな。
フランスのバレエってどんな感じですか?
私 たまたまNHKで見たイギリスの王室バレエ団?だったかな、
その「ロミオとジュリエット」すごかったです。
イギリス、ある種独特でした。
人間の肉体を限りなく美しく表現するバレエの世界、TV鑑賞ですけど、はまりますね~。
楽しさお届け人さんに伝えたくなりました。

記事と関係なくてゴメンナサイ。e-446
【2012/09/09 12:06】 | ケンタウルス #- | [edit]
コメントありがとうございます。

フランスのバレエは…、芳しい香りのするバレエ、かな?
美しく洗練されていて、技術的なことだけでなくちょっとした動作がバレエそのものです。
…と、わたしは思います。
イギリスのバレエの印象は、格調の高さと可愛らしさが共存しているような感じですかね。

ヴァイオリンのことは全く素人で、だからかえって好きなことを書けますが、
バレエは長く関わっていて知ってるようでも、知らないことも多いです。

裏方さんとしては、ネタバラシしない方が良いので、あまり書けないかなぁ…。

バレエもヴァイオリンも、ちゃんとやろうとしたら、とてもストイックなものですね。
ヴァイオリン、ちゃんとやりたいけれど、それ以上に楽しくやりたいです。
【2012/09/09 23:03】 | 楽しさお届け人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/202-e650f6f3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫