ヴァイオリンのレッスンへ

 2012-08-30
カイザー5番、練習不足なりにかろうじて最後まで辿り着けるようになったものの、
間違えず、止まらずに弾くことはできていません。
レッスン前に家で練習しても、いきなりスラスラ弾けるようになるはずもなく…。
その状態のまま、先生のお宅のベルを押すのでした。「ピンポ~ン♪」

「音をもう少し上向きにできますか(^^)」と先生。
少々疲れている&緊張しているからではないか…と自分で思う。
毎回、読譜してきた新しい曲を弾かなければならないことが緊張の原因なんですね。
それを察している先生は、レッスンの早い段階で新曲披露をさせてくれます。

「はい、ではカイザー5番、行きますね~(^^)」
家で弾くのと同じように弾き始めましたが、凝視している楽譜の雰囲気が違って見えます。
楽譜の角度や光の加減だと思うのだけど、そんなことが気になること自体がおかしい。
ちょっと手元が見えたら、指が震えているのを発見!
それを見たら、それまではそうでもなかったのに、緊張してきてしまいました。

「はい、ほとんど問題無いので良くできています(^^)」
「かなり良くできています。良いです、良いです。(^^)」
わたしが楽譜読むのが苦手なのをご存知なので、たくさん褒めてくださいます。
「えー、次は6番をお願いします(^^)」  
はい、承りました。このペースで進むことが分かったので、もうビックリしません、大丈夫。

毎回弾いていたカイザー1番をスピッカートで弾く課題が出てパニックに。
カイザー2番もこのところヴィブラートがうまくできません。

リムスキー=コルサコフのきれいな曲のお話しをしたら、サラサラと弾いて下さいました。
どうしてそうやっていきなり弾けるのか…。先生はたくさんの引き出しをお持ちです。
いつもそうやってわたしが話す曲を弾いてくれます。
他にも興味深いお話しを聞かせてもらい…、(休憩時間を侵食する悪い生徒で申し訳ありません)
今回も、レッスン前よりも元気になって帰ってきました。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/200-d86fa0a6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫