劇場に行っていました

 2012-08-23
舞台のお仕事に行っていました。5日半の少し長めの仕事でした。

劇場に入って3日目に、オーケストラが入ってきました。
舞台の上から、オーケストラが演奏するのをちょっとだけ見られるタイミングがあり、
その時に「ああ、わたしはヴァイオリンを弾くんだった!」と思い出しました。
普段は毎日ヴァイオリンの練習をしていて、ここに書くこともほとんどヴァイオリンのことだけれど、
劇場に入ってから色々なことに余裕が無く、ヴァイオリンのことが頭にありませんでした。

コンサートマスターさんの、弓先から根元まで大きく使った滑らかな弓の動き。
開演前の静かな時間に聞こえてきた、美しい音階の音。(1stヴァイオリンの後部の席の方でした)
どれもほんの一瞬のことですが、また持ち帰るべきものに出会えました。

1日だけ、帰宅してから伸びてしまっていた爪を切って、ヴァイオリンを弾きました。
が、ねむた過ぎて何をやっているのか分からなくなって断念しました。

肝心の仕事の方は…、わたしにとっては大変でした。
一時はどうなることかと思った瞬間もありましたが、 なんとかなりました。ふぅ…。

足や手が不調ですが、神経内科で調べた結果は異常なしです。
あと受診するとしたら心療内科だとのこと。(心当りがないなぁ…。)
ボスにそう報告すると、わたしの顔を見て一言。「ん…、そういうタイプじゃないしねぇ…。」

「!!!!!!」
そうか、ボスはわたしのこと、そう思っているんだ…!
確かに大雑把で鈍感な部分もありますが、デリケートなところも持ち合わせているんですけど!!
でもまあ、神経質な人と思われているよりは良いかな?

劇場で過ごす時間は、いつもながら濃い時間です。
まだまだ、夏のお仕事は終わりません。どうやって乗り切ろうか…?
いやいや、きっと大丈夫。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/196-85e97667
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫