アーチェリー男子個人銀メダル!

 2012-08-04
古川高晴選手、ロンドンオリンピック、アーチェリー男子個人2位、おめでとうございます!!

その少し前のNHKのオリンピック番組で、「アーチェリーの的は選手からどのように見えるか?」
というのをやっていました。
的は70m離れていて、大きさは…と、先日わたしが書いたような説明や、
弓をスタジオに持ち込んで実際に引こうとしたり…。
女子団体3位の成績のおかげですね。メダルの威力はスゴイ!

そう思っていた矢先、男子個人で古川選手が準優勝です!
アーチェリーの放送は無いよなぁ、と、NHKのネット生中継で観戦していました。
途中で急に放送が途切れて…、「続きはNHK総合でごらんください」との文字が。
なんと、準決勝の試合が生中継されました!

その試合が、なんとも素晴らしく。
片方が10点を入れると、一方も譲らず10点!
それを受けて、次の一射も10点に!!!
緊張感と一瞬の静寂、そして躍動感までも感じられました。
「おぬし、やるな。それなら拙者も」
「うむむ…、なかなかやるではないか。それならば、これではどうだ。」
そんなセリフが聞こえてきそうな対戦でした。(なぜか武士言葉)

しかも、最後はシュートオフ。決着がつかないので一射で勝敗を決めます。
古川選手が先攻で10点。なんとこの場面で10点ですよ!!
相手の選手は惜しくも9点。古川選手が勝利しました。

今回の古川選手といい、女子団体の最終ラウンドの早川選手といい、
大事なところでしっかりと決められるというのは、本当にスゴイことです!

対戦中、言葉にできないような充実感と楽しさを体験していたに違いありません。
それを見ていたわたしも、同じ気持ちを味わうことができました。
ありがとうございます!

しかし…、
決勝の対戦を待っていたら、柔道の試合会場に画面は切り替わり…。
インターネット生中継も「試合はNHK総合で…」という画面のまま。
柔道の中継中に「古川選手銀メダル」の速報が。

でも、一番良かったであろう試合を見ることができて、大満足です。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/192-157f0439
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫