身体が楽器

 2012-07-31
週末の2日間、新幹線に乗って舞台のお仕事に行きました。

いつものことですが、バレエを見ているとヴァイオリンのことを思い、
ヴァイオリンを弾いていると、バレエのことを思います。

バレエが難しいことのひとつは、「身体が楽器」だということだと思う。
子どもの頃からレッスンを通して訓練と矯正を続けて、
成長するのに伴って、バレエ用の身体をつくり上げていく。
だから、身体が大人になって完成してしまう前に始めなければなりません。

子どもの頃に始めても、誰でもがバレエ用の身体になるかといえば、決してそんな事は無く、
「不公平だなぁ…」と感じることろです。
楽器が悪ければそれなりの音しか出ない、ということになります。

その点ヴァイオリンは、楽器を買って手に入れることができます!
お金をたくさん持っている人ほど良い楽器が買えることになるけれど、
わたしの楽器のように、高価でなくても良い音のする楽器もあります。

美しいダンサーさんを見て「あの人の身体に入って踊ったらどんなに気持ちよく踊れるだろう…」
以前は、こんなことをしょっちゅう思っていました。
でも、ヴァイオリンならば、一流の楽器を弾かせてもらうことも可能です!
わたしの場合、自分のものにすることは現実的ではないし、弾かせてもらってもそういう楽器を
上手くコントロールできるかは、また別の話しですが…。

ヴァイオリン用の身体というのがあるのかわかりませんが、
ヴァイオリンもやっぱり子どもの頃に始めるもの、というのが一般的。

わたしは40歳過ぎてからヴァイオリンを始めたのだけど、
その年齢からバレエをやるよりは難しくないのでは…?(バレエはもう充分なのでしませんが)
ヴァイオリンのことを良く知らないからそんなふうに思うのかもしれません。

大人から始めても良い音で弾くことは十分できる、ということなので、
それを信じて練習に励みます。

しかし…、カイザー4番は今のところ具合が悪くなりそうな音です。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/191-12939b1d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫