自我先生が大きな声で…

 2012-07-23
今、久し振りにわたしの中の自我先生の声が大きくなっています。

数日前から舞台のお仕事に行っています。
事情はいろいろあるにせよ、思うように動き回れない。
ならば頭を使って補えればよいのだけれど、そちらもなかなか至らなくて、
後から「ああしておくべきだった…」と思うことがたくさん。

自我先生がずっとわたしを責め続けています。
これが、なかなかしつこくて…。
以前とは違った働き方をしたいと思っていたけれど、同じ環境でそれをやることを難しく感じています。

「こんなわたしを許してください…」ボスに対して、いつもこう思っています。
そしてわたしの中の自我先生が、ボスの声で「それは自分を甘やかす言い訳だ」と言います。
「やればもっとできるはずなのに、やろうとしていないだけだ。」
ボスが許していないのではなく、わたし自身が自分を許していないことは百も承知です。
分かっていながら、こう思ってしまうのですよね。
ボスもいい迷惑です。

自分達のチームが他の人たちにどう思われるか、自分が人にどう思われるか。
自分の外側に意識が向いて、わたしがどう在りたいかを忘れてしまいます。

できない、至らないことで自分を責めるのではなく、
できることを楽しくさせてもらう、という働き方が理想です。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/187-3878e787
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫