ジャングルを抜けた!

 2012-07-19
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

今回もまた、予定していた日に都合が悪くなってしまったけれど、
レッスンに来られなくなってしまった人がキャンセルした時間に、レッスンを受けることができました。
お休みしなければならなかったその人は、きっと残念に思っているだろうな…。
その人の分まで、わたしが楽しくレッスンを受けてきました。

アルバイトの会社から帰って、ヴァイオリンを持ってレッスンへ。
いつものように練習してから行くことができません。
カイザー3番、解読したばかりなのに大丈夫かな…?

そんなふうに思っていることは、先生にすぐに気付かれるわけで…、
「緊張の原因はカイザー3番だと思います。イヤなものから先に…(^^)」
「途中で止まっても構いません。テンポは速くなくても、楽譜を追うことができれば良いです(^^)」
逃げ出すわけにもいかないので、腹をくくって弾きました。
ずっと楽譜をにらんだまま弾き続け、途中で多少つまずきましたが、まずまず終わりまで行けました。

「ちゃんと全部できています。ヘンに楽譜を読める人より、よっぽど正確にできています(^^)」
えぇーっ!!そんなふうに言ってもらえるなんて…、ああ、頑張って良かったです。
「もう一度全体を通して弾いていただいて、それで3番はOKです(^^)」

「……、え?」(と、声には出しませんでしたが)
「…… ハイ。」これで終わりということにピックリしてしまいました。
わたしはすぐに楽譜が読めないので、ひとつひとつの音を確かめるのに時間が長くかかり、
その為に楽譜が読める人よりも、音への執着度が高くなって正確さが増したのかもしれません。

弾きにくかったり、変な音楽に聴こえるのは、引っ掛け問題のようなものなのだそうです。
自分が納得できない音の並びでも、気に入らなくても(^^;、
「好きじゃないけど、こうなんでしょ!!」と格闘したら、弾けるようになりました。

こうしてカイザー3番のジャングルからめでたく脱出成功です!
そして…、カイザー4番が次の課題に…。
ああ、また新たなジャングル探検に出かけることになります。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/186-13a4fed7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫