カイザー3番

 2012-07-16
練習を始めたころは、ジャングル探検のようだったカイザー3番。
あれから数日経って、どんな曲なのか分かるようになりました。(良かった…)
やってみるものですね~。なんとか分かるものですね~。

ヴァイオリンは単旋律楽器なので、ピアノの楽譜などと比べれば音符の数はたかが知れているし、
今やっているカイザー3番は、リズムは同じパターンの繰り返しです。
それでも、わたしにはできるようになるまでかなり時間がかかります。

音を出さないと何も分からないわたしは、楽譜だけを見て頭の中で曲が鳴ることはありません。
音を出しながら耳でも曲を覚えて、楽譜を見る、音を出す、頭の中で音を鳴らす、
この3つが同時にできないと弾けません。
そしてそのうち、追うのが面倒くさくなって楽譜を見なくなってしまいます。

まだまだ途中で止まってしまうし、すんなりと入ってこない音が並んでいる箇所ではドタバタしています。
何度確かめても「え~、コレで合っているの?」という箇所があります。
チューニングメーターの表示は間違っていないけれど、こんなフレーズあるの?と思います。
なんか、気持ち悪い…。

でも、これでようやく普通の人が練習を始めるのと同じ段階にこられました。
わたしにとっては楽譜を読めるようになるための教材のようになっていますが、
カイザーはヴァイオリンの練習のための教本で、
これから、やっとそのヴァイオリンの練習に入れるということ。
はぁ……。(ため息)

でもここまでくれば、あとはいつも通り楽しく練習できます。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/184-f5ab84aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫