臨時レッスン

 2012-07-06
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

予約していたレッスンの時間がとうしても都合がつかなくなってしまいました。
2週間に一度、とても楽しみにしている日なのに本当に残念。
レッスンに行くと元気になるのに、今の元気ないまま2週間後のレッスンまで過ごすんだ、わたし…。

そう思ってますます元気がなくなってしまいましたが、
レッスンを受けられるように先生が配慮してくださいました。

せっかくそうしてくださるのだから、早起きして普段のレッスン前と同じように1時間練習をして、
ヴァイオリンを持って通勤時間帯の空いている車両を選んで電車に乗り、
歩くのが遅いから一生懸命に歩いたら、先生のところに少し早く着きました。

いつでもどこでも「元気なわたし」でいたいと思っているけれど、
今、特にそう思うのはヴァイオリンのレッスンの時。
レッスンに行くと元気になって帰って来ますが、
レッスンの前に、先生のお宅のドアの前に立った時、すでに「いつもより元気なわたし」
になっているようにも思います。

朝はなおさら左手が動かないのでは…と思っていましたが、
指や手が疲れるけれど、なんとなく大丈夫みたいで、あれれ?おかしいな?
もしかしたら、自分のやりたいことしかできない身体になってしまっているのか?
ヴァイオリン以外はあまりうまくできません。

あ、ヴァイオリンを弾くのが上手、という意味ではありません、念のため。
毎回のことですが、今回仕上げだったバッハの「ブーレ」、自分としては不本意な出来でした。
今の状態でそんなこと思うのは贅沢かなぁ…?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/181-f0a25e57
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫