先生に診てもらった(病院の)

 2012-05-31
しばらく前から、良くなったはずの腰の調子が絶不調になり、
今回は左足がしびれたり、あまり力が入らないという症状も出てきて、
来週末にアーチェリーの大会もあるのに大ピンチです。
さすがに心配になって、専門の先生に診てもらいました。

MRI初体験です!(CTはやったことあると思う)
横になって、大きな音がするということで耳栓がわりにヘッドホンをされ、
何かあったらこのボタンを押してくださいという、ナースコールのようなものを手に、
ドームの中にスライドされていくと、想像よりもかなり狭い空間。
頭の上の左右にライトがあるらしく(頭動かして確認できない)、頭の影が2つ見えました。

一応BGMにクラシック音楽が流れていましたが、突然大きな連続するブザーのような音。
ヒマなので、この音の高さは何だろうと考えても、絶対音感がないので分からない。
それから、規則的な速いリズムを刻むような音。なんとかビート…みたいな。
他に、ガリガリ・ゴリゴリ、隣の家の改装工事みたいな音もしていました。
いつものことですが、せっかくの体験なので好奇心いっぱいに色々観察しました。

椎間板ヘルニアなどを疑っての検査でしたが、MRIは異常無しでした(^^)。
とはいっても、何かの原因で神経が炎症を起こしていることには変わりなく、
痛さにプルプル震えるわたしを見た先生は、「神経ブロックの注射する?」と言って…、

神経ブロック注射、初体験!
これは、神経の通り道(背骨の中)に麻酔薬を入れるもの。
うつぶせになって尾てい骨の少し上に針を指され、
書いていて痛そうですが、実際に結構な感触でした(Mなわたしでもかなり痛いと感じました)。
何度も血圧をチェックされ、少々スリルのある注射なのが分かりました。
以前に数回、膝の手術の為に背骨に硬膜外麻酔というのをしましたが、それよりは痛く無かったです。

その結果、驚くことに腰はほとんど痛くなくなりました!
麻酔を入れたのだから当たり前なのかもしれませんが、
動く時に痛みに身構えているのを裏切られる、というこれまた新しい体験をしています。
(足のほうは、あまり変わらないけれど…)

原因や病名が分かってもそうでなくても、
痛みが無くなること、練習できること、大会に行くことがわたしの望みで、
先生はそれを、ほぼ叶えてくれました。今夜は良く眠れそうです。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/169-f03bde31
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫