本が届いた!

 2012-05-26
先生の本が、今日届きました!!
先日、本屋さんで見たし、レッスンに行った時に先生のお部屋でも見たけれど、
自分の手元に、自分用のものが届くのは嬉しいです。
わたしは昔の人なのかもしれないけれど、ホームページとは違って、本にはまた特別の良さを感じます。

表紙の写真は先生のとても良い音のする楽器。
わたしも時々弾かせてもらうことがありますが、その楽器を触る時にはいつも特別な気持ちになります。
あの楽器が自分のところにやって来たような気分になります。

まだ全部を読んではいないけれど、読みながら「そうそう!」とうなずいています。
習っている先生の本なのだから、レッスンでのお話しと同じなのは当たり前なのだけど(^^;)
レッスンで教えてもらうことを、こうやって本を通して活字として読むというのは面白い体験です。
先生とレッスンを受けているあのお部屋が、自分の家にやって来たように感じます。

このブログは大半がヴァイオリンについて書いてありますが、
この本の、ひとつの「初心者生徒の実体験版」のようだなぁ…と思いました。
(ヴァイオリンを弾くだけでなく、去年の秋に良いヴァイオリンを選んで買うこともできたし)
他の生徒さんは、わたしとはまた違ったことを感じているのかもしれないけれど。

時代の先を行く人は、いつも歩きにくい道を進むことになり、
先生も、そんなことを感じていらっしゃるかもしれません。
舞台の仕事のボスも、かつてはそうだったのだと思います。
長い時が経って、わたしが仕事に戻ってみると、以前はちょっとやりにくいと感じていたことが、
今ではスタンダードになっていて、こちらがお願いしなくても、皆が当然のようにやっています。

道理に叶っていることは、多くの人に受け入れられて広がっていく。
先生が今やっていること・言っていることは、数年先には当たり前のことになるのだと思います。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/167-274c7dbc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫