ユーモレスク巡り

 2012-05-09
今、一番気になっていることは…、「ユーモレスク」が思うように弾けないこと。
最大の懸念事項がこれというのは、
考えようによっては、わたしはとても幸せだということでもありますが…(^^;)

弾いている時に頭の中で曲が鳴らなくなってしまっています。
弓の動かし方やポジション移動やヴィブラートのかけ方といった、
個別のポイントばかりが気になって、
フレーズごとにブツ切れ、テンポはバラバラ、
自分がどんな音楽にしたいのかが分からなくなってしまいました。

何とかしたくて、連休中にYouTubeでいろいろなユーモレスクを片っ端から聴きました。
わたしが今やっている同じ楽譜のものやもっと難しいもの、
子どもが弾いているのや、有名なヴァイオリン奏者が弾いているもの…。

いろいろ聴いてみると、上手くても好きじゃない演奏や、
それほど上手ではない子どもが弾いているけれど好きな演奏があって、
そういったものをたくさん聴いていたら、
だんだん、自分がやりたい「ユーモレスク」を思い出しました。

ひとしきり聴き終わって、
いつも聴いている、先生のとハイフェッツ(ヴァイオリンの神といわれる人)のを聴いたら、
とても新鮮に感じて「わたしはこんな風に弾きたいんだ!」と改めて思い出しました。
(自分とハイフェッツを並べて書かないで頂きたい(^^)と先生に怒られそうですが、笑)
これをやってから、ようやく弾いている時に頭の中でまた音楽が鳴るようになりました。

言いたいことが言える演奏にはまだまだ程遠いけれど、
苦しかった練習が、再び楽しくなりました。良かった…。
一つ目のトンネルから出てきたような感じ。
でも、すぐ次のトンネルがあったりして…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/158-842c1629
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫