自主カリキュラム

 2012-05-01
先日、SOB(バカの学校)の第2期スターティングセミナーが開かれました。
わたしたち1期生は事務局様からのご依頼で、
参加できる人は、そこで自分が体験したSOBについて少しお話しをすることになっていました。

それだけだったハズでしたが、SOB自主カリキュラム発動!!
当日会場に来られないのでメッセージビデオ(でいいかな?)をつくる人、
セミナーの宣伝チラシをつくる人、それを仲間や見知らぬ人に配る人…。

当日は普段のカリキュラムの日と同様に、新幹線や夜行バスでやって来た人も!
結局、メンバーの半数以上が集合しました。

わたしはここに少々告知する程度で、事前にあまり役に立てなかったので、
当日、準備でお昼ご飯を食べる時間が取れないかな…?と思い、おにぎりを作って行きました。
わたしのテレパシーを感じた友が、同じようにおにぎりを作ってきてくれました。(さすが!)

会場設営(というほどのことでもないけれど)をお手伝いしているうちに、
ちょっと舞台のお仕事モードになっていきました。
バレエの舞台とセミナーは、内容はもちろん、入れ物も、規模も違っているけれど、
発信する人と受け取る人が、快適に、そのことだけに存分に専念できるようにするために、
わたしが役に立つことがあれば、させてもらう。
誰に頼まれたわけでもなく、実際に大したことはしていないのに、そんな風に思っていました。

まったくお門違いだとは思うけれど、
普段わたし達を見守ってくれている講師陣の方々が緊張している様子を拝見して、
舞台袖から出て行くダンサーさんを見送るような心境になっていました。

舞台の仕事をしていたといっても、音響や照明といった専門知識がないわたしの仕事は
バレエのことは詳しいけれど、潰しがきかないなぁ…と常々思っていました。
けれど、誰もが困らないように、全てが上手くいくように…と考えられるということは、
わたしにとって大きな財産なのだと気が付きました。
そんな自分を発見できて嬉しかったです。

SOBも残りわずかとなりました。あと2日間か…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/156-36a03016
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫