好きなように弾く

 2011-05-08
「頭の中を空っぽにして好きなように」ヴァイオリンをやるのは、
今の自分の技量では、かなり困難です。
聞き苦しい音や外れた音程は好きじゃないから、好きなようにできない(涙)
ここは、自分の中にいる自我先生だけでなく、わたし自身も大きく同意するところです。
これを無視して、好き勝手に弾くというのは考えられない。

そんなわけで、練習はかなり苦しい状況なのが実際のところ。
だから、たまに出てくる良い音やまずまずの音程に、とっても幸せを感じます。
自分の頭の中で流れている音楽に少し近づくから。

「好きなように」というのは、
この頭の中で流れている音楽のように、ということなのだろうな。

曲の練習を進めていくと、頭の中の音楽と自分の出す音が当然ながらあまりにも違って、
その好きじゃない音がずっと耳に入ってくるので、
だんだん頭の中で「やりたい音楽」が聞こえなくなっていって…。
洗濯を繰り返して目が詰まって縮んでしまったセーターみたいになる。(ヘンな例えでスミマセン)

レッスンに行った時、先生の言葉や弾いてくれるお手本の音で、
それがふわっと元に戻ることがあったりして(^^)
本当に救われるというか、少し気が楽になったりします。
そして、気楽にやった方が音も少し良くなり…、不思議だなぁ~と思うのでした。

家で練習している時には、自分以外に誰も聴いている人はいないし、
自分さえ、好き勝手にやることを許してあげれば、やっていいんだろうな。
で、好き勝手にやったつもりでも、きっと普段の練習の音と
たいして変わらないんじゃないか?とも思います。(結局できないってことか…)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/15-11489dc8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫