痛い時に良い音が出る

 2012-03-17
ヴァイオリンのこと、たくさん思うことがあり過ぎて、なかなか文字になりません。

練習は時々休む日もありますが、ほぼ通常通りしています。
座って弾くのはどうかな?と試してみたけれど、いまいちしっくりこないので結局立って弾いています。
弾き始めるとつい夢中になって続けてしまい、終わってから「あうっ!」と固まります。

先日のレッスンでは、普段に比べて良い音が出ていました。
以前、手をケガして弓を満足に持てなかった時にも、そういう事がありました。
どこかが痛い時の方が良い音が出る…というのが不思議です。
うまくやろうと考える余裕が無く、余計な力が入っていないからか、
身体が言うことをきかないので、自分を何かに空け渡すような謙虚な気持ちになっているからか…?
「お手上げ状態」の方がうまくいくのは、嬉しいような悲しいような(^^;)

今は新しい曲を練習しているので、その時にはあまり感じませんが、
弓の練習をしていると、まだその状態が続いていて、良い音が出ているような気がします。

腰の具合は、すごく良くなった!という感じではありませんが、当初からすればかなり良いです。
ちょっと挙動不審な動きをしている時があるかもしれませんが、
人の流れに遅れずに歩けるようになったし。
ということは、そろそろ良い音が出なくなるということ?
いや、音は良いままを維持したいところです。

痛いから動かせないのか、動かさないから痛いのか?
どっちもあるんじゃないか?と思い始めています。
先日の診察の時に「月末に身体を使う仕事に行くのですが…」と先生に言ったら、
「そういう時が治るチャンスです」と。この先生も超前向きデス。
本当に大丈夫なのかな?まだ半信半疑…。(^^;)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/141-ae837b0f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫