N響アワー「春の祭典」

 2012-03-05
夕べちょっとN響アワーを見てみたら、「春の祭典」をやっていました。
古典バレエほど上演の機会はありませんが、バレエ音楽なので、わりとよく知っています。
去年行った数少ない仕事の中で、2回もこの曲の舞台があり(ナマではなく録音でしたが)、
実際にオーケストラが演奏するのはどんな様子か興味があって、つい見てしまいました。

「ドラの波」のように聞こえる部分は、どんな風に音を出すんだろう?と見ていると、
身体の側面をドラに当てて、叩きながら押さえるようにしていました。(もっと見たかった)
演奏するには、とてもエネルギーが要る曲なんだなぁ、
演奏する人たちは、まるで踊っているかのような状態に見えました。
音楽にぴったりと合っていて(演奏しているのだから当然ですが)、パワーに溢れていました。

さて、ついでにヴァイオリンの構え方なども観察しましたが、
皆さん怖い顔をして楽譜を凝視しており(ああいう曲だからそうなりますね)、顔もちょっと下向き加減です。
後ろ(裏側?)からのショットも見られ、肩あてやヴァイオリンの角度もよく見えますが、
ん~、分かったような、分からないような…。

また自分が弾く姿を撮ってみました。
ちょっと構え方を変えたので、前よりは少し普通っぽくなっているように思えました。
しかし、わたしが弾く姿は、どう見ても全く楽しそうには見えないです。
弾いているわたしは楽しいんだけどな…。

少し前から腰が痛いと思っていて、あまりパソコンの前にも座らないようにしていたけれど、
とうとう我慢できなくなって、しぶしぶまた病院に行きました…。
ここに面白く書くこともできるけれど、ちょっとそういう気分でなく…。
でも、ヴァイオリンは弾けるから問題なしです。

この前の健康診断でも引っかかって再検査だそうで、あちこちガタがきてます。
でもこのまま、年齢の自覚がないわたしのままでいこうと思っています!


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/137-6e097f90
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫