授与式に行きました

 2012-03-04
区のスポーツ栄誉章というのを頂けることになり、金曜日の夜に授与式がありました。
急いで仕事から帰って、滅多に着ないスーツに着替えて役所に。

これは、区の教育委員会が主催するもので、今年度は35の個人・団体が受与されました。
わたしは昨年秋の全日本社会人フィールドの優勝によるものでしたが、
さまざまな競技の、世界大会で優勝した方から都の大会で3位の団体まで、
年齢はベテランから小学生までと幅広く、
教育委員会主催ということもあり、社会人はわたしを入れて10人くらいでした。

以前全日本選手権で2位になった時にも、アーチェリー協会から推薦してくれたようでしたが、
その時は推薦が通らず、マイナースポーツはなかなか認めてもらうのが難しいのだな、と思いました。

順番に名前を呼ばれて賞状を頂き、メダルを首に掛けてもらいました。
こんなの中学校の卒業式以来じゃないか?と思うほど久しぶりで、
自分の番が近くなると、体中が心臓になってしまったのではないか、と思うくらいドキドキしました

翌、土曜日にはアーチェリーの審判講習会というのがありました。
最近は練習時間も取れないことがあるし、まだまだ競技者として試合に出たいと思っているので、
審判資格を取ることは乗り気ではなかったけれど、
大会に参加すると、自分は選手なのに運営側のことが気になったりする性分なので、
試合の運営のお手伝いをさせてもらうことは、もしかしたら好きかもしれません。

その後は久しぶりのアーチェリーの練習。
いろいろとアーチェリー以外に優先させることがあり、2月12日以来です。
少し間が開くと相変わらず「ちゃんと射てないんじゃないか?」と不安になるけれど、
一瞬とてもうまくいって、6射で58点(60点満点)という自分でビックリする場面がありました。
来週はまた練習はお休みです。(バカの学校に行きます♪)

舞台の仕事に戻る時に、もうアーチェリーは満足に出来ないんじゃないか?と思ったけれど、
やれる時にやりたいだけやればいいと、今は思っています。
アーチェリーをすることも、アーチェリーの仲間も、
今のわたしには、無くしたくない大切な世界のひとつです。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/136-44480888
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫