母の前で弾く

 2012-02-13
人前でヴァイオリンを弾くことに慣れるには、経験を重ねるしかないとのことです。
で、母のところに行くついでに、ヴァイオリンを持って行きました。
上手に弾くことが出来ないのに、喜んで聴いてくれる人は貴重です。

母もクラシック音楽が好きで、機会があれば時々聴きに行くようだし、
若い頃働いていたところのお坊ちゃんがヴァイオリンを習っていたそうで、
ギコギコと練習するのを良く聞いていたというのもあり、
わたしがヴァイオリンをやっているのは嬉しいみたいです。

「母の前で演奏する」とは言っても、そのために特別に練習をしたとかではなく、
今レッスンでやっているものと、少し前にやったものを弾くことにしていました。
消音機を付けて軽く弾いてみた後、さて、本番と思ったら…、
なにやらいつもと様子が違うわたし。
時々音程が狂ってしまったり、弓がギコっとなったり、かすれたり…。
どうやらまたもや緊張しているみたい!!
どう考えても緊張するような相手ではないのに、何で?!

「始めは何だかぎこちない感じだったけど、後のほうになったら調子が良くなって来たね」
やっぱり何もごまかすことは出来ません。ヴァイオリンは正直。
少し足が震えていたのは気付かれなかったみたい。
どうして、こんな状況でも緊張してしまうのか、自分が理解できない。

人前で弾くことに慣れる日はやってくるのでしょうか?
先生でも緊張するそうだから、慣れることはないのかもしれません。
でもまあ、新年会で聴いてもらった時よりは少しはマシだったと思います。
(曲は違いますが…、あの曲はしばらく封印します。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/129-e2655717
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫