SOB1期生

 2012-01-29
SOB(バカの学校)の1期生になりました。

SOBのホームページにこう書いてありました。
 
   思った瞬間にすっ飛んでいく子供のように、 心のままにあり、大好きなことを、やりたいことを、
   自分の人生の要素として取り入れていく。
   イキイキと、ワクワクと生きること。損得や利害で動く社会から見たら
    恐れや不安に基づいて、心を置き去りにして生きる側から見たら
   ノウハウや理論に基づいた正しさに縛られて その正しさを基準に生きる側から見たら
   無謀で、突拍子もなくて、あり得なくて
   だけど とてつもない勇気と幸せを与えられる。
   SOBでは 深い敬意と賞賛の思いを込めて そのような生き方を「バカ」と表現します。


これを読んだら、どうしてかわからないのだけれど涙が出てきてしまいました。

昨年の10月に、わたしはこんなことを書いていました。
   スティーヴ・ジョブズさんが旅立って
こうしていきたいと決めたのだけど、自我先生のツッコミにやられてしまうこともあります。
でも、同じ道を行こうとする人と歩いたら、少し元気良く進めるのではないかと思うのです。
SOBという未知のものに集まったわたしたちは「勇者」だと言われました(^^;)。
(そういえばやすらぎの部屋に初めて行った時にも同じようなことを言われました)

最初の2日間を終えても、SOBとは何かを上手に説明することはできません。
「本当の自分を思い出すこと」「魂の望むように生きること」
わたしというフィルターを通すと、SOBも奇蹟のコースも似たものになります。

今後も、どんなことをやるのかは明かされません。
準備や予習をすることなく、その日の課題に取り組むためなのだそうです。
これは、まるで人生そのものみたいですね。
いつもぶっつけ本番。
でもこれまでもなんとかやってきたし、これからもきっとなんとかやっていくんです。
ただ、何が起きるのか楽しみにしていればいい…。

卒業するころには、今よりも自我先生のツッコミをかわすことが
少し上手になっていることを期待しています!


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/121-dae11a74
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫