今年最後のレッスン

 2011-12-29
今年もあと3日となりましたが、普段通りにヴァイオリンのレッスンに行きました。

レッスンの前には、お風呂の掃除に燃えました。
それから、包丁の切れ味が悪いのが気になって、久しぶりに砥石で研ぎました。
(レッスン前なのに危ないゾ!)
研ぎ進めていくうちに砥石に刃先が密着してくる手ごたえが、
ヴァイオリンで調子の良い時に、弓が弦に良くついてくる感覚に似ているなぁ~と感じました。

さて、今日は「弓を半浮かしにして弾く」というのを教わりました。
いつもそうですが、新しいことを習うと最初は全くうまくいかなくて、かなりへこみます。
言われた通りには全然できません。加えて、できていたかもしれないこともつられて出来なくなります。
(でも、先生の弓で弾くとちょっとだけうまくいきます♪良い弓の威力はすごいです)
お正月に、出来るように練習します。

今回も仕上げの曲が1曲ありましたが、なかなか「好きなように弾く」という段階まで行けません。
あんなに長く練習していたカノンでもうまくいかないのだから当然と言えば当然ですが…。
年明けに演奏しようと思っている曲も、まだまだそこまでできません。う~、どうする?
これも、お正月に練習です。
復習シリーズでない曲も新しく始めるので楽譜を読まなければなりません。
なんだか、盛りだくさんのお正月になりそうです。

先生に磨いた5円玉をお渡しして、少しお金磨きのことを話したり、
先生は楽器磨きのお話しをしてくださって、今年最後のレッスンも楽しく終わりました。
楽器は管楽器もヴァイオリンも、きれいにすると良く響くそうです。

今日のような日は、自分はちっとも進歩していないんじゃないか?と思ったりしますが、
去年と比べたら、いやいや、これでもかなり進歩しているのです。
ヴァイオリンについて今年一番のトピックスは、やっぱり好きな楽器を買ったことですね 
これを手にしてから、新しい世界に足を踏み入れたような気がしています。

わたしにとっての一年は、あっという間ではなく、密度の濃い~ものでした。
出来ないことが出来るようになるまでには大変だけど、それが楽しく(毎日少々眠たいけど…)
ひとことで言えば、ありきたりだけど「充実したヴァイオリン生活」の一年でした。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/110-f1c9dd94
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫