カノンを聴きに

 2011-12-12
アーチェリーの練習を途中で切り上げ、アマチュア弦楽合奏団の演奏会を聴きに行きました。
前にも一度行ったことがあって、案内のはがきが送られてきました。
書かれていた演目の中に「カノン」とあり、それが聴いてみたかった(^^)

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、そしてちゃんとチェンバロもありました。
自分が弾くわけではないのに、何だか緊張して聴きました。
レッスンでは先生とわたしの2人で追いかけっこをしますが、
正式には3パートで重なって演奏するもので、3番目のパートはビオラが弾いていました。

さすがにわたしのように外れた音を出す人はいなくて、きれいに揃った音でした。
バロック音楽というのは静かに演奏するものなのか、
自分が弾いているのとは違って、かなりおとなしい感じ。

あの中に混じってわたしの楽器を弾いたら、他の人のと比べてどんな風に聞こえるんだろう?
自分の腕前はまだまだ比べものにならないけれど、
他の人の楽器はどんな音がするんだろう?
先生の楽器としか合わせたことがないので、他の人の音も興味があります。

次回のレッスンでカノンが仕上げの予定。
永遠に練習し続けられるような気がしていて、のんびりやっていましたが、
この後に及んで、音程がいつも外れてしまうところや、
音が膨らんで間延びしてしまうところ、逆に詰まって速くなってしまうところなどあって、
ちょっと焦っています。

先生とわたしで、「先に行く人、後に弾く人を入れ替えて2回合奏します(^^)」と予告がありました。
自分で弾いたのを録音して、右の耳だけヘッドフォンを入れて聴きながら、
追いかけたり、先に弾いたりの練習を時々やってみています。
レッスンではわたしが後から弾くことがほとんどで、その方が弾きやすいのですが、
久しぶりに先に弾く「切り込み隊長」もやらなければならないので(^^;)

合奏の相手がヘタクソな自分の録音なのに、一人で弾いている時とは何かが違ってくるみたい。
わたし、誰かと一緒に弾くのが好きなんだなぁ。
一人の時よりもいろいろな音が聞こえてきて、その重なりの中に自分も入っていくのが好きです。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/105-c2704dc8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫