FC2ブログ

新しい曲

 2020-05-21
今日はヴァイオリンのレッスンでした。まだまだオンラインレッスンです。
今月は夏の繁忙期並みに忙しいはずだったのでレッスンを少なくしてありましたが、わたしが夏休みみたいになっています(笑←笑ってて良いのだろうか?)

今回から新しく始めた曲はチャイコフスキーのメロディーです。またそんなのを選んでしまって、できなくてガッカリすることになるのではないかとも思いますが、取り組むものは好きな曲と決めています。ハイフェッツのツィゴイネルワイゼンもそうでしたが、聴いた時に頭の中で誰かが踊り始めてしまう演奏に出会ったので。ユリア・フィッシャーの演奏するメロディーが今回のそれです。自分が同じようにできるとは思いませんが、いつかあんなふうに踊りたい。いえ、頭の中の人を踊らせたい。

自分が音を出してみると、ぜんぜん別物になり、分かっていたけれど前途多難ですね。先生にフィンガリングとボーイングを見ていただいて、指が変わるとどう歌い方が変わるかを教えてもらいました。が、頭と手が追い付かず…。でも、好きだからやります。

レッスンの前にはいつも、相棒くん(ヴァイオリン)が良い音になるように普段よりも念入りにチェックします。でもオンラインでは先生に届く音はあまり違いがないのだろうな…。もしかして、妹ちゃん(もうひとつのヴァイオリン)の方が通信では良い音になるのかもしれないと思ったりもします。あっちの方が音がシンプルで(たぶん周波数帯が狭い)、機器が音を拾いやすいかもしれません。先生の楽器はとても良いので、機器がどの音を拾ったらよいか困ってしまうのか、ボーイングの練習の時に宇宙っぽい音が混ざります(笑)。

今日のように寒くても、雨でも、家にいるままでレッスンを受けられるのは助かります。でも、そろそろ相棒くんを抱えて電車に乗ってレッスンへ行きたいなぁ。


2020052120011708a.jpeg

晴れた日のうちのミニバラさん



感じることがたくさんあって

 2020-05-19
新型コロナの影響でほとんど家で過ごしています。外出は日常の買い物と、週一の肩のリハビリと、気分転換の散策に出る程度です。

仕事は当面ありません。自粛が解除されても、さまざまな準備が整うまでには時間がかかりそうです。劇場を使う催しもの全般は一体どんな風に再開されることになるのでしょう?再開はあるのか??満員の客席やたくさんの拍手は、舞台の後ろ側にいるものとしても本当に嬉しいものでした。

多くの人がそれぞれの役割で場を共有する体験は、舞台に限らず他にもたくさんあるけれど、今はそれが叶わない。わたしは「人との密な関係は苦手」と思っていたのですが、自分の好きな距離を保って、でも人と一緒にいるのは結構好きだったのだと、今改めて感じています。

一人でいるのは日常的なことと思っていたはずが、本当にひとりで過ごしてみると全く落ち着かず、身体なのか気持ちなのか、どこかの奥の方がずーっと緊張している感覚があります。自分のこと、そんな人だとは思わなかった(苦笑)。

気持ちはそんなふうでも、まあまあヴァイオリンの練習をして、お花の世話と、部屋のかたずけを少しと、プリンをつくったり、手仕事をしてみたり、チマチマと過ごしています。今日は何度も書いたり消したりして、取り留めのない話になってしまいました。


ミニバラも胡蝶蘭も、たくさん咲いて賑やかです。


2020051923151919d.jpeg     20200519231520181.jpeg



少しだけ大きな画面でレッスン

 2020-05-01
昨日、2回目のオンラインでのレッスンを受けました。
前回の iPhone でもレッスンが成立しないことはないけれど、音も良くないし画面も小さくて、なんだかなぁ…とモヤモヤして、こういうものと割り切って面白がることにしようかと思って頭を切り替えたつもりでしたが、やっぱりモヤモヤ。前から欲しかったのならこの際に ipad を買う!という勢いになるのですが、今買うことに全く心が動きません。レンタルも検討したけれど、あんまりなぁ…。

息子があまり使ってなさそうな ipad を持っていることは何となく知っていたけれど、大人になった息子の通信機器を借りるのはプライバシーのとこを考えて気が進まなくて…、選択肢から外していましたが、もうこれしかない!と思いお願いしてみたら、それほど嫌な顔はせずに貸してくれました(笑)。ありがたいです。

画面が大きくなって先生のことが良く見えるようになって、レッスンらしくなりました。音は残念ながらそれほど変化がなくて…、音質によらず出来ることはあるのだから今はこれで我慢すること、かな。わたしがレッスンで一番嬉しいことは、先生の楽器の音や自分の相棒くんの音、言葉になっていない色々なことを感じることで、それは画面を通したレッスンではなかなか難しい。いつものレッスンが再開されるまでお休みするという選択もあります。自分がオンラインでのレッスンを選んだら、現状でできることを受け入れるということ。できることをできる範囲でやるのです。

今回でツィゴイネルワイゼンが終わりました。かなり長い間やっていましたが、思うようにはできず…。でもすぐに諦めすに今のわたしなりにできることはやったと思います。途中、新しい発見や嬉しいこと、できなくてイヤになることもありましたが、一旦区切りがついてホッとしています。途中、母に聞いてもらわなくては…と焦った時期もありましたが、今はその気持ちにも整理がつき、もし機会があるならばもう少し心穏やかに聞けるようなものを、と思います。

毎日家にいる同じような生活でも、心の振り子の振れ幅が大きくなることが多々あります。動揺するようなことや不安を感じること、嬉しいこともあります。いろいろあって仕方ない。やろうと思っていることがあっても、やる気が出ない時もあります。その時に気が向くことだけで良いことにしよう。


外に出かけなくても、世話をしている家の花が次々に咲いてくれ癒されます。
初めての胡蝶蘭、白い花でした!


202005011206249f0.jpeg



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫