FC2ブログ

弦をオリーブに

 2020-01-27
普段は2週間ごとにレッスンへ行くのですが、放送大学の試験があり3週間の間をとりました。

なかなかコンスタントに勉強できず、どうしても放置大学にしてしまいがちで、試験前に慌てて勉強する羽目になります。そんなことして頭がオーバーヒートしたのか、最後の科目の前にけっこうな熱を出して…、でも一応試験に出かけてきました。体の節々も痛かったので一瞬インフルエンザ?と思ったけれど、熱があったのは一日だけで、他に大した症状もないのでやっぱり知恵熱(笑)?

で、昨日、試験が終わったらやろうと思っていたこと、相棒くんの弦(G,D,A)をオリーブに替えました!
年末に駒を新調して調整してもらった際には、G、A線がドミナント、D線オリーブ、E線ゴールドブラカットという組み合わせでした。弦が違うと、調整の具合なのか弦の違いのせいなのか分かりにくいのではないか?買った時に張ってあったオリーブにしたら、出会った頃の相棒くん(←もはや妄想の域)に再会できるのではないかと(笑)。

調整してもらってからの状態に違和感や不満はありません。試験にかまけて練習ぜず、数日ぶりに弾いたら「良い音だなぁ~」(またもや妄想…)と思ったくらいです。でも、なんとなく弦を戻して改めて確かめてみようと思っていたのです。わたしがオリーブを使っても、もう毎度のことですが、豚に真珠・猫に小判かとも思うのです。でも買った時に相棒くんにオリーブが張ってあったということは、楽器にとっては不釣り合いなものではないはず。それが気に入って買ったのだから、それでいいのだ!

練習が終わってからいそいそと弦を張り替え、張ったばかりなのに我慢できずに音を出してみました。合わせても合わせてもどんどん弦が伸びて音が下がってくる。解放弦を弾いたときに気が付くのですが、他の音は普通の高さで弾いてるわたしは正常なのでしようか???それすら分からないです(苦笑)。

で、肝心の音のほうは…、嬉しい音になりました(^^)。チューニングを繰り返しているので、駒の傾きも若干合っていないかもしれないけれど、音の質はそれとは関係なく、やっぱりこの音が相棒くんの音だったなぁ…と、改めてまた妄想世界の人になってしまいました。熱下がったばかりで、ちょっと耳に違和感もあるような気がするので、本当のところはどうなのかわかりません。

弦が落ち着いてきたら、また工房へ行って様子を見てもらいたいと思っています。


202001271732510c3.jpeg


今年最初のレッスン

 2020-01-10
昨日は、今年最初のヴァイオリンのレッスンでした。

わたしがヴァイオリンを始めたのは、年明け1月の初めだったこともあり、以前は「これで○年になりました。」と新年のご挨拶の後に報告していましたが、最近は年数経ってもあまり上達していないなぁと感じているので、だんだんそうしなくなってきていました。ですが、今年で一応10年になるのでお話しました。

「10年経ってしまいました。長い間お世話になっております。ありがとうございます。」とご挨拶したら、「いろいろと紆余曲折ありながら良く続けていただいて…(^^)。」と言ってくださいました。それを聞いたら目の奥がジュワ~ンとしたような気がして…、危ない危ない。

いつも次回のレッスンに向けて、課題の練習を間に合わせることに気をとられて、今日は練習できないとか、今日はやろうと思えばできたのにそれをしなかったとか、ずっとそうやって過ごしてきてしまいました。振り返ってみれば、これまでピンチは何回もあったかもしれないけれど、状況に関係なく「次までにこれをやらなきゃならないのに、それどころじゃないのよ!」という近視眼的なアホさが、わたしを救ってくれたのかもしれません(笑)。

どんな時でも「レッスンに行かなくては!」と思えたのは、わたしの状況に関わらず、その時にできることを提案してレッスンしてくださった先生のおかげだと思っています。練習ができていなかったり、身体に不具合があったりして、レッスンがあるのに困ったな…と思うことはあっても、レッスンに行きたくないとは思いませんでした。

細々と、後戻りしたり足踏みしたり、寄り道しながらの10年です。教えてくださる先生には申し訳ないくらい、ぜんぜんできないし、ヴァイオリン弾くのはいつでも怖いです(笑)。楽譜も今でも怖い(←笑えない…)。他の人はもっと上達するのではないか?と思って、何年やっているかはできれば黙っておきたいというのが本音です。

今回のレッスンもいつものように、これまでも言ってくださっていることを根気良く直してくださって、カールフレッシュの音階とツィゴイネルワイゼンを見てもらいました。家でやって、また「できない、できない!」と煮詰まっている箇所が、先生の提案通りにやると「あれ?なんか、できた…?」となるのも、いつもと同じです。


昨日は先生のところで前のレッスンの方とすれ違ったら、このブログを読んでいてくださるとのことで、驚きましたが嬉しかったです。10年目のご褒美かな。あまり役に立つようなことは書いていませんが、これからもよろしくお願いいたします。



あけましておめでとうございます

 2020-01-01
新年、あけましておめでとうございます。

昨日の強い風から打って変わって、穏やかな新年となりました。

過ぎたことはすぐに忘れてしまうので、昨年中に振り返りまとめたかったのですが、できずに年が明けてしまいました。数年ぶりにお風呂の掃除にもえて、身体中が痛い新年の朝を迎え(笑)、今日は静かに過ごしています。

このところ、以前よりも自分を大切に扱ってあげることが少しずつできるようになってきて、表立った成果はあまりなくても内面的な変化があるのは感じています。それが外側にもだんだん表れていくといいな。ヴァイオリンにも…、です。

日々さまざまなことはあっても、その中の善いもの、美しいもの、歓びを拾い上げて、「ほら、こんなにたくさん!」と並べていく、わたしはそういう分野の担当なんだと、改めて立候補して、できたらここにも書き並べていけたらいいなと思っています。

今年が誰にとっても嬉しくあたたかな日々でありますように。心からそう願っています。


20200101221357ff9.jpeg



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫