FC2ブログ

左手ではなくボーイング

 2019-10-24
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

旧古河庭園へ台風の後のバラの様子を見に行けたらと思っていましたが、やっぱりレッスンの前には気持ちも時間も余裕がなくてダメでした。余裕ない姿を人に見せるのは好きじゃないのに、レッスンではいつもそうですね。これはもう諦めてますが(笑)。

カールフレッシュのA-moll の続きと、久しぶりにツィゴイネルワイゼンの続き。
短調がしっくりくるわたし、と言いながら、重音の音階になると音が分らなくなってしまい、やはり苦戦します。ようやく頭の中で分るようになっても、その音を弾けるかはまた別のことです。

ツィゴイネルワイゼンは、少し弾けるようになってきたと思っても、少し間があくとできなくなってしまったり…というのを繰り返しています。左手の指が廻らなくて、やってもやってもできない!と焦っていたら、右手のボーイングの方が問題だとのことでした。なんでも左手の不調のせいにしてしまう悪い癖です。

でも、手の不調というより、気持ちが挙動不審です。「ちょっと沈んだ音がしています、もうちょっと前に出る華のある音を(^^)」と言われ、ドキッとしてしまう。挙動不審はしばらく続きそうですが、華のある音にしていきたいです。


201910242354026cb.jpeg

ジャパネットたかたで初めて買い物をした毛布が届きました。モフモフ暖まって眠りたい♪




いろいろ試してみて

 2019-10-22
先生のところで弾いた古い楽器のことを思って、肩当て無しで弾いてみたり、アゴ当ても外して弾いたり、チューニングのピッチを変えたり…、すぐにマネしたくなってしまいます。持っているふたつのヴァイオリンで試して、良い音が出たような気がしましたが、状況が変わると自分がうまく弾けないからなのか、今までの方が楽器に合っているのか、結局元通りにした方が良いのかなと感じて今は現状復帰。

ピッチを半音下げた時には、普段響きにくいC♯やF♯がとても良く響いて(いつものDやGが響くのと同じこと)、とても気持ちが良く新鮮でした。そのまま半音上を押さえていつもと同じ高さのアヴェ・ヴェルム・コルプスを弾いたら、豊かな音に聞こえました(たぶんF♯効果だと思う)。自分の楽器は2つとも弦のテンションが弱い方が良く響くような気がして(気のせいかな?)、以前ヴィオリーノという弦にした時にエコーが掛かったような響きになったのと似ている感じだった。

普段通りでないといろいろと不都合なので元に戻してしまったけれど、あれこれ試して元がどんな音だったのかよく分らなくなったのか、以前よりもどちらのヴァイオリンも良い音がしているような気がします。また妄想世界の人になっているかも。

合唱やリコーダーが一段落して、この頃また息を思い切り吸うことをしていないのに気が付きました。大きく呼吸したら気持ちが良いし、ヴァイオリンを弾く時も張りのあるパンとした風船のようなわたしでいた方が良い。ヴァイオリンの音って、胸がいっぱいになる…。自分で弾いた時だけかな…。



古い楽器、好きだったな

 2019-10-13
先日の水曜日、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。

先回初めて会った古いヴァイオリン、2週間でビックリするほど音が変わっていました!この前は自分の相棒くんの方が大きな音に聞こえたのですが(先生もそう言っていました)、今回は先生がチューニングするのに音を出した瞬間、驚きました!

この楽器、先生にあれこれ注文を出して、自分が良い音で歌わせてもらえるようにしたのだなぁ(笑)。お話を伺うと、先生は本当にいろいろと試行錯誤して最適な状態をみつけられたようでした。実際に目の前で、変えられえる部分を少しずつ変えながら音を出して、わたしにも試させてくださって、興味深い体験をさせてもらえました。

ヴァイオリンと言っても、製作者、年代、それが同じであっても個体差もあって、もうそれぞれ全然違うものです。昔は人気があったとされる古いそのヴァイオリン、普通に今のやり方で弾いたのではあまり良い音がしない。「こんな筈ではない」と信じて、真価を発揮できるまで試す先生の、熱意と手法の豊富さは並大抵のものではありません。

わたしもめったにできないような貴重な体験をさせてもらい、本当にありがたいです。話として聞くだけでなく、少しの間だけれど2週間前と今回と、時間を追って実際に弾かせてもらって、感じる事がたくさんありました。第一印象で可愛らしく品が良いと感じたそのヴァイオリン、美しい上品な音で歌うようになっていました。

たぶん、もうあの楽器を弾くことは無いのだろうな。自分では全然うまく弾けなかったけれど、幸せだったな。うまく言えないけれど、肌が合うというのか…。ヴァイオリンを弾くというのにもいろいろあって…、わたしはこういうのがいいなぁ…と思いました。これでは全然伝わらないですね(笑)。

わたしは自分の手元にある2つのヴァイオリンが望むように、それぞれの相手をしてあげることだなぁ。レッスンの後、先生がやったことのマネをして弾いてみたら、良く響く音がするような気がする…。また妄想世界の人になっているかもしれません(笑)。このヴァイオリンたちはどうしてもらうのが好きなんだろう…?

リコーダーの演奏をしたり、合唱祭があったり、ヴァイオリンでもこういった体験をさせてもらい、他にもいろいろあり、このところ濃い出来事が多い毎日です。思うこと、感じることはたくさんあるのですが、なかなかここに整理して書くことができていません。過ぎ行くことは過ぎ行くままに…、にしておきます。


20191013143609b93.jpeg

レッスンの後、旧古河庭園でバラを見ました。
台風でどうなったか少し気になりますが、まだつぼみもたくさんあったので咲く花もあるはず。また見に行きます。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫