FC2ブログ

ヴァイオリンに喜んでもらえるように

 2019-09-14
一昨日の木曜日、ヴァイオリンのレッスンに行きました。

先回のレッスンの後にD線だけオリーブに換えました。先生がオリーブにしたのですぐに真似したくなる(笑)。全部オリーブにすれば良いかもしれないけれど、いろいろ考えるとコレが現状最適なのではないかと。で、良い音だ~と感じる時と、ん~?そうでもないか…?と思う時があって、そういうのはすぐに先生には分かってしまいます。

「オリーブらしい音がしていないので…(^^)」と、駒の加減を直してくれました。自分でも日々やっているつもりですが、手に力が入りにくいからか、コツが分かっていないのか、あまりうまくいきません。(チューニングでペグを回すのも少しやりにくいので全部オリーブにはしません)

「ヴァイオリンが嬉しくなさそうな時は適切な状態になっていないということ(^^)」とおっしゃるとおり、駒の加減を直したら音を出すのがスムースで楽そうです。ヴァイオリンが苦しそうだと弾くわたしも苦しくなっているのですが、楽になって初めてそれに気がつきます(苦笑)。

いつでもヴァイオリンが嬉しそうな音を出している。そういう状態をつくる事がヴァイオリンを弾く人の役目なんだなぁと思います。無理なく良い音が出る状態を維持して、楽器の性能が充分に発揮できる加減で弾いてあげる。先生はこれの達人なのだと、本当に思います。別に先生が楽器に良い音を出せ!と命令しているのではなく、「こうがいいの?ああがいいの?」とご機嫌を伺って、ヴァイオリンが望む最適な状態で音を出してあげるとそうなるようです。

ヴァイオリンだけでなくわたしの方も調子が思わしくなく、うまく表現できないけれど、生き物としてのレベルがかなり低い状況…という感じ。仕事や日常のことはごまかして普通っぽくやっているつもりだけれど、ヴァイオリンはそういうのとは全然別のことで、素のわたしになっちゃう。それでもレッスンが終わったらかなり元気が出てライフのゲージ、ハートマークがひとつ増えた感じになりました(笑)。

かなり涼しくなってきたので、帰りに近所のお花屋さんでバラを買いました。家のベランダのミニバラは、こちらも夏の疲れか、かなり危うい感じで、葉っぱが枯れ始めてきてしまいました。少しゆっくり休もうね。


201909142237233e1.jpeg




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫