FC2ブログ

夜にレッスンへ

 2019-06-27
昨日の夜、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。
普段は昼間の時間に行っていますが、昨日は夜の最後の時間帯。駅からの路沿いの花屋さんも八百屋さんももう閉まっていて、ちょっと寂しい。

ヴァイオリン、いい音がしているかも?と思ったそばから、また左肩の調子を悪くして幻になってしまいました。もともと自分の妄想だったのかもしれませんが、先生に評価してもらえず真実の程はわかりません。肩のことは自分でもまたと思うのだから、先生もまた?!と思っているに違いない…。「観察するのが仕事ですから(^^)」とおっしゃる通り、自己申告する前からわたしの様子があやしいのですぐに悟られてしまいます(苦笑)。

調子が良くないこと、うまく弾けないこと、ああ、まただ…と自分で思っていることなど、後ろ向きな気持ち一杯で弾いたら、やはりショボショボした音になってしまいます。「こちらの弓をお試しください(^^)」と、すぐに先生からご自分の弓の中の一本を手渡されました。おお、重たい…?ハッキリとした大きな音が出て、気分がサッパリしました。

時々、もっとこうして…と言われるよりも、物理的な方法で教えて下さることがあります。頭の中で鳴っているショボショボな音を、違う弓を使って張りのある音に変えることで、自分の弓に戻っても張りのある音が出るようになる。最初、自分の弓で弾いた時、圧力不足でカサカした音になっていたので、重ための、でも滑らかな音のする弓を貸してくださったそうです。音が改善されてから教えて下さいました。

カールフレッシュの音階、G線のハイポジションは肩が怖い&痛く苦しまぎれに弾いて、音程が怪しいと頭の中の音も更に怪しくなりグダグダしてしまう。G線に限らず、半音ずつ上がって下がる音階はどの弦でもやる度に違ってしまいます…。身体がどうのではなく、やはり頭の中の音程の問題です。

レッスンへ行くと、ヴァイオリンやわたし自身が適正な状態に調整してもらっているように感じます。もちろん肩が急に治ったり、相棒くんがグァルネリになったりはしませんが、その日の状況で一番良い加減にしてもらって帰ってくるように思います。レッスンの最初よりも普段に近い音が出て、安心した気持ちになって、落ち着きました。

別に先生は怪しいことは何もしていませんが、なんだか不思議。ありがたいです。



201906271348440d8.jpeg

シクラメンは冬の花ですが、うちのコ、6月になってまた咲き始めました!



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫