FC2ブログ

バロック時代はどうだったのだろう?

 2019-06-14
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。梅雨の晴れ間の一日で助かりました~。肋骨のことはほとんど気にならなくなり、今はまた肩当てをして練習をしています。

レッスンの前に、今月に入ってから放送大学でバロックダンスの授業を受けて感じたことや分かったことなどを先生に報告しました(笑)。バロックダンスについてはたくさん発見や納得することがあり別の記事で書いていたのですが、途中で消えてしまったので挫折しました(苦笑)。

バロックダンスはバロック音楽と深い関係があり、メヌエットやガヴォットやアルマンド・クーラント・サラバンドなどは調べると舞曲と書いてあって、ではそれはどんな踊り?と思っていたのです。全くの初心者相手の授業なのでとても全部の踊りはできませんが、メヌエットやガヴォットは習い、音楽についても知りたかったことが少しだけ分かったような気がします。
分った気がすると言っても、教えてもらったことに沿って自分の中でいろいろと関連付けられるだけで、ヴァイオリンの先生が言うような「実際のところはどうだったのだろうか?」という考察には、自分はまだほど遠いのです。

バロック音楽やヴァイオリンの改良について一般的に言われていることが、果たして本当にそうだったのか?ビデオも録音も無い時代のことで、バロックダンスは当時の文献や舞踏譜を元に復元再現しているそうですが、ん~本当はどうだったのかなぁ…。ヴァイオリンは当時の楽器や弓が今も残っており(ストラディヴァリやグァルネリやその他…)、「そういうものがいろいろなことを教えてくれるのでは?(^^)」とのお話でした。

楽器も弓も、当時求められていた音楽ができるようにつくられているはずで、楽器や弓からそれを知ることができるのではないか?わたしはバロックヴァイオリンの奏法に詳しくありませんが、当時の楽器と弓で、その頃はこういう奏法だったとされている弾き方をしたら良い音が出るはず。実際のところどうなのかはわたしにはわかりませんが、当時の楽器や弓が語ってくれることはたくさんあるのだろうな。

バロックダンスの授業でも音楽やヴァイオリンについて話しがあったけれど、習っているヴァイオリンの先生のお話しの方がわたしには興味深いです。まあ当然と言えば当然です。だからなるべく頑張ってカールフレッシュの音階もやっています(笑)。


20190614231240e9e.jpeg

晴れた日のアジサイは色が鮮やか



何度も心の中に湧き上がるもの

 2019-06-06
久しぶりに映画を観ました。バレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフについての映画です。


2019060623494977e.jpeg

『ホワイト・クロウ』 公式サイトはこちらです。→ http://white-crow.jp/
映画の内容は、ヌレエフが1961年のパリ公演から亡命に至るまでに、生まれてからそれまでのソ連での出来事も重ねられており、興味深いものでした。

バレエやヴァイオリンは自分にはとても近いもので、だんだん好きかどうかも分からなくなってくる…。そんなことを思いながら映画館へ向かいました。誰かの情熱的な人生に触れると、自分の中で湧き上がってくるものがある。映画の中で流れるヴァイオリンの曲にとても心が動いてしまった。バレエじゃなくて、やっぱりヴァイオリンなんだ…。

帰ってから調べるとYouTubeにありました。(https://youtu.be/vajQJFC5gg0
こういう曲を聴くと、どうしてか分らないけれど平静な気持ちではいられなくなってしまう。何か奥の方から沸き上がるようなものがあって、嬉しいような苦しいような、泣きたいような気持ちになる。

スクリーンの映像とは関係なく、わたしひとりだけ違う世界に行ってしまったような気がしながら、映画館を出てからもしばらくは目がウルウルしたのがなおらなかった。
こんな気持ちに出会ってしまうと、自分のことなのにとてもビックリしてしまう。でも、そういえばこれまでも時々こういうことはあった。その度に「そしてわたしはどうするの?まだ全然やっていない!」と思って頭がクラクラしてしまうのです。

自分の身の回りにある幸せに目を向けて、穏やかにゆっくり楽しく過ごして行くのだなぁ…と思い始めて、実際にだんだんそうなってきていると思っているのに、あんな気持ちを思い出してしまったら、このままではやりのこしてしまうことになる…。

何をどうしたいのか、モヤモヤとした気配はあっても今はうまく書くことができません。でも、何度もやってくるこれは、もうやり過ごしてはいけないということです。どうしたらいいかは、きっと自分が知っているんだ。お願い、教えてください。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫