FC2ブログ

夜にレッスンへ

 2019-06-27
昨日の夜、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。
普段は昼間の時間に行っていますが、昨日は夜の最後の時間帯。駅からの路沿いの花屋さんも八百屋さんももう閉まっていて、ちょっと寂しい。

ヴァイオリン、いい音がしているかも?と思ったそばから、また左肩の調子を悪くして幻になってしまいました。もともと自分の妄想だったのかもしれませんが、先生に評価してもらえず真実の程はわかりません。肩のことは自分でもまたと思うのだから、先生もまた?!と思っているに違いない…。「観察するのが仕事ですから(^^)」とおっしゃる通り、自己申告する前からわたしの様子があやしいのですぐに悟られてしまいます(苦笑)。

調子が良くないこと、うまく弾けないこと、ああ、まただ…と自分で思っていることなど、後ろ向きな気持ち一杯で弾いたら、やはりショボショボした音になってしまいます。「こちらの弓をお試しください(^^)」と、すぐに先生からご自分の弓の中の一本を手渡されました。おお、重たい…?ハッキリとした大きな音が出て、気分がサッパリしました。

時々、もっとこうして…と言われるよりも、物理的な方法で教えて下さることがあります。頭の中で鳴っているショボショボな音を、違う弓を使って張りのある音に変えることで、自分の弓に戻っても張りのある音が出るようになる。最初、自分の弓で弾いた時、圧力不足でカサカした音になっていたので、重ための、でも滑らかな音のする弓を貸してくださったそうです。音が改善されてから教えて下さいました。

カールフレッシュの音階、G線のハイポジションは肩が怖い&痛く苦しまぎれに弾いて、音程が怪しいと頭の中の音も更に怪しくなりグダグダしてしまう。G線に限らず、半音ずつ上がって下がる音階はどの弦でもやる度に違ってしまいます…。身体がどうのではなく、やはり頭の中の音程の問題です。

レッスンへ行くと、ヴァイオリンやわたし自身が適正な状態に調整してもらっているように感じます。もちろん肩が急に治ったり、相棒くんがグァルネリになったりはしませんが、その日の状況で一番良い加減にしてもらって帰ってくるように思います。レッスンの最初よりも普段に近い音が出て、安心した気持ちになって、落ち着きました。

別に先生は怪しいことは何もしていませんが、なんだか不思議。ありがたいです。



201906271348440d8.jpeg

シクラメンは冬の花ですが、うちのコ、6月になってまた咲き始めました!



ギュスターヴ・モローの描いた女性のように

 2019-06-21
汐留美術館のギュスターヴ・モロー展へ行きました。この週末で終わってしまうので混んでいて、入場制限のため並びました…。

201906212300247b7.jpeg


展覧会概要に「質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くことで、真実を見いだそうとしました。」とあり、神話や聖書を題材に描かれた幻想世界を観たかった。モローが描いた女性がテーマになっていて、誘惑する・される、純潔であり官能的である、そういう存在としての女性の絵がたくさんありました。

なんだかんだ言っても、わたしは幻想的な美しい妄想世界が好きなのだろうし、だからチャイコフスキーのこれでもかと盛り上げるような甘い旋律にも同調していってしまうし、もうこれは抗えないことなのだと観念します(笑)。冷静で中庸で客観的な人でありたいと思ってきたけれど、それは自分がそうではないことを薄々知っていたからなのかもしれません(笑)。

そこそこ長く生きてきてこれまでにつくり上げられた自分が、もともとのわたしからはかなり違ってきているかもしれないことに気がつきました。何が好きで何が心地良いのか、頭で考えるのではなく試して体感して選びなおすというのを、チマチマとやっています。全く生産的ではないしとても疲れるけれど、少しだけ本来のわたしに戻ってきているかもしれません。

分りやすいことでは、眠たい、疲れた、お腹が空いた…、そういう基本的なことを無視しないで素直に感じて、それを満たしてやる。あとは身の回りのものとか服とか環境とか、身体も気持ちも心地良いものは何か?など。もう途方に暮れるほどいままでテキトーなものを自分にあてがってきたんだなぁと愕然とします。

自分で忘れていた本来の感覚を思い出すのは新しいような懐かしいような気分です。これを続けて行けば、やがてはモローの描いた女性のようになっていくのかもしれないなぁ…と(他の言葉で解説するのが難しい)、今日は改めて思いました。

最近、とても相棒くんが良い音を出しているような気がします。弾く側のわたしに何か変化があれば、そういうこともあるだろうなと思います。わたしが緩んで元に戻っていけば相棒くんも本来持っている良い音になっていくに違いないです。(幻想・妄想ではないことを願います、笑)



バロック時代はどうだったのだろう?

 2019-06-14
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。梅雨の晴れ間の一日で助かりました~。肋骨のことはほとんど気にならなくなり、今はまた肩当てをして練習をしています。

レッスンの前に、今月に入ってから放送大学でバロックダンスの授業を受けて感じたことや分かったことなどを先生に報告しました(笑)。バロックダンスについてはたくさん発見や納得することがあり別の記事で書いていたのですが、途中で消えてしまったので挫折しました(苦笑)。

バロックダンスはバロック音楽と深い関係があり、メヌエットやガヴォットやアルマンド・クーラント・サラバンドなどは調べると舞曲と書いてあって、ではそれはどんな踊り?と思っていたのです。全くの初心者相手の授業なのでとても全部の踊りはできませんが、メヌエットやガヴォットは習い、音楽についても知りたかったことが少しだけ分かったような気がします。
分った気がすると言っても、教えてもらったことに沿って自分の中でいろいろと関連付けられるだけで、ヴァイオリンの先生が言うような「実際のところはどうだったのだろうか?」という考察には、自分はまだほど遠いのです。

バロック音楽やヴァイオリンの改良について一般的に言われていることが、果たして本当にそうだったのか?ビデオも録音も無い時代のことで、バロックダンスは当時の文献や舞踏譜を元に復元再現しているそうですが、ん~本当はどうだったのかなぁ…。ヴァイオリンは当時の楽器や弓が今も残っており(ストラディヴァリやグァルネリやその他…)、「そういうものがいろいろなことを教えてくれるのでは?(^^)」とのお話でした。

楽器も弓も、当時求められていた音楽ができるようにつくられているはずで、楽器や弓からそれを知ることができるのではないか?わたしはバロックヴァイオリンの奏法に詳しくありませんが、当時の楽器と弓で、その頃はこういう奏法だったとされている弾き方をしたら良い音が出るはず。実際のところどうなのかはわたしにはわかりませんが、当時の楽器や弓が語ってくれることはたくさんあるのだろうな。

バロックダンスの授業でも音楽やヴァイオリンについて話しがあったけれど、習っているヴァイオリンの先生のお話しの方がわたしには興味深いです。まあ当然と言えば当然です。だからなるべく頑張ってカールフレッシュの音階もやっています(笑)。


20190614231240e9e.jpeg

晴れた日のアジサイは色が鮮やか



何度も心の中に湧き上がるもの

 2019-06-06
久しぶりに映画を観ました。バレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフについての映画です。


2019060623494977e.jpeg

『ホワイト・クロウ』 公式サイトはこちらです。→ http://white-crow.jp/
映画の内容は、ヌレエフが1961年のパリ公演から亡命に至るまでに、生まれてからそれまでのソ連での出来事も重ねられており、興味深いものでした。

バレエやヴァイオリンは自分にはとても近いもので、だんだん好きかどうかも分からなくなってくる…。そんなことを思いながら映画館へ向かいました。誰かの情熱的な人生に触れると、自分の中で湧き上がってくるものがある。映画の中で流れるヴァイオリンの曲にとても心が動いてしまった。バレエじゃなくて、やっぱりヴァイオリンなんだ…。

帰ってから調べるとYouTubeにありました。(https://youtu.be/vajQJFC5gg0
こういう曲を聴くと、どうしてか分らないけれど平静な気持ちではいられなくなってしまう。何か奥の方から沸き上がるようなものがあって、嬉しいような苦しいような、泣きたいような気持ちになる。

スクリーンの映像とは関係なく、わたしひとりだけ違う世界に行ってしまったような気がしながら、映画館を出てからもしばらくは目がウルウルしたのがなおらなかった。
こんな気持ちに出会ってしまうと、自分のことなのにとてもビックリしてしまう。でも、そういえばこれまでも時々こういうことはあった。その度に「そしてわたしはどうするの?まだ全然やっていない!」と思って頭がクラクラしてしまうのです。

自分の身の回りにある幸せに目を向けて、穏やかにゆっくり楽しく過ごして行くのだなぁ…と思い始めて、実際にだんだんそうなってきていると思っているのに、あんな気持ちを思い出してしまったら、このままではやりのこしてしまうことになる…。

何をどうしたいのか、モヤモヤとした気配はあっても今はうまく書くことができません。でも、何度もやってくるこれは、もうやり過ごしてはいけないということです。どうしたらいいかは、きっと自分が知っているんだ。お願い、教えてください。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫