FC2ブログ

クロイツェルが終わりました

 2019-03-21
昨日、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。先回のレッスンでボウイングの復元をして、スカスカの弓ではなく音を後ろから支えて前に促すような感じで…と言われたのですが、耳の調子が悪いからスカスカに弾いてしまったのではないか?と思い、耳に苦痛でもしっかり弾かなくてはと、違う方向に進んでしまっていたようです。

いつも松脂が少ないと言われることが多く、弓が擦れるのでしっかりと松脂を塗りジャリジャリした音になっていました。それは感じていたけれど、今、ナチュラルでもジャリジャリっぽく聴こえてしまうので、松脂のせいだと気がつかない(苦笑)。楽器の駒の加減もあまり良くなく、先生が調整してくださり、弓の加減も見てくださって、普通の状態にしてくれました。

自分の基準が狂っているので、改めてこのくらいの感じが普通だとインプットし直しました(若干ジャリジャリしてきつく感じる程度)。先生のいつものヴァイオリンで音を出したら、相棒くんよりは穏やかに感じますがそれでもA線が少し刺激的に感じて、やっぱり楽器のせいではなく、自分の耳の問題ですかね。

2巡目のクロイツェル42番を先回の続きから最後まで弾いて、これでクロイツェルは終了となりました。毎回、目の前の曲に取り組むことだけ考えていて、カイザーの頃のように「いつになったら終わるんだー!!」と残りを数えたりしなくなったので、2巡もしたなんて不思議な気がします。苦痛な曲や手が限界!な曲もあって順調に進んだとは言えないし、充分弾けるようになってはいませんが、やったことは自分が気がつかないところで身になっているに違いないと信じています。

42番の最後の小節は短調の重音から長調に転じて終わります。そこへ来ると「ここまで良くやりました、お疲れさま。」と言われているように感じて気持ちが明るくなります。カイザーで苦戦している頃に「やがてはこんなのをやります(^^)」と見せられた水色の表紙の楽譜、始めてからも「32番以降の重音シリーズはいつかやることにして…(^^)」と言われた気がしますが、31番までを2巡した後、続けてやりました。

次回からは、自分はこれをやることは無いのではないか?と思っていた(笑)、カールフレッシュの音階教本をやります。ヴァイオリンをやめようと思ったことは無いけれど、ここまで進んでくるとも思ったことは無く、不思議な気がします。


20190321204447c24.jpeg  最後の音で光が差してくるように感じる



耳の不調のその後

 2019-03-16
左の耳の違和感、その後様子を見ていましたがあまり変化がないので、昨日耳鼻科に行ってみました。毎朝起きた時に少し痛いような気がするのと、ヴァイオリンを弾くとD、A、E線がうるさくきつく響いて感じます。何もしていなくても左耳に違和感がありますが、日常ではそれ以外に不自由を感じるほどではありません。

子供の頃に鼻炎で耳鼻科に行った事はあったけれどそれ以来だし、耳を診てもらうのは初めてです。最近息子氏が行ったことがあり、評判も良いらしい医院が近所にあります。今まで耳の異常を感じたことが無かったのでどの程度で病院へ行くのが良いのか分らないけれど、後から「もう少し早く診てもらえば良かった…」と後悔しないで済むように、念のため。

問診の後、耳の中を見たりいくつか検査をしたところ、低音障害難聴か、見た目で分らない軽い中耳炎があるのかもしれないとのことで、このまま1週間様子を見て、再度検査をすることになりました。結果を見せてもらったら、確かに左耳では周波数の低いところで感度が悪くなっているようです。ストレスを溜めず、カフェインを控えて(お酒はもともと飲まないので控えようがない、笑)良く寝るのが良いようです。

ストレスはあると言えばあるような、無いと言えば無いような…。旅行の疲れと花粉症が重なったり、飛行機で耳に負担が掛かったりしたからかもしれません。

相棒くん(いつものヴァイオリン)を弾き始めると、んん~、ちょっとキツイな~と感じます。妹ちゃん(もうひとつのヴァイオリン)の方が音はマイルドに聴こえて楽ですが、クロイツェルを弾き始めると良い音が出ません。相棒くんでも良い音が出ているとは言えませんが、更にガッカリしてしまいます…。耳に優しくないけれどそういう違いは分るし、やっぱり良い音の方が嬉しいので、耳の不調はたいしたことは無いような気もします(笑)。



復元練習

 2019-03-11
一昨日の土曜日の夜、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。旅行のため少し予定を変更させていただいて、普段と違う曜日・時間帯です。

旅行は7日間でしたが、午後から出発だったので練習してから出かけて、弾かなかったのは6日間です。そのくらいの期間ヴァイオリンを触らないことは、去年の旅行や仕事の都合や入院した時など、ままあることなので初めてではありません。

帰ってから何日か練習して、ヴァイオリン弾くというのはこういう感じだった…というのは思い出して大丈夫なような気がしていましたが実際にはダメだっだようで、ボーイングの復元練習となりました。小さな弓から大きな弓へ、楽器が響く感じを思い出すように…。今までこの練習を何度もさせてもらっているな…。これまでもいろいろ不具合のあることが多かったな…。

旅行は楽しかったけれど体調を崩してしまって無理をしたようで、自分ではかなり復活したつもりでも、先生にはまだ普段とはかなり違った様子に見えたようです。まあ、自分でもレッスンへ行く前に鏡を見たら「んん……」とは思いました。ヴァイオリンも身体も復活したつもりになっていて、実態をちゃんと把握できていない…。

レッスンの間にだんだんいつもの音に戻ってきたようです。2巡目のクロイツェル42番も途中までですが見てもらいました。

体調が…とは言っても、そのくらいいのことで音が貧弱になるかな…?今まで身体のどこかが痛くても、かなり疲れていても、そこそこ大丈夫だったのに…と、少し不思議な気がしていました。で、思い当たった原因はたぶん耳です。今朝も目が覚めたときに耳に違和感があって、そういえば旅行から帰って来てからヴァイオリンを弾いたら、こんなに音が大きかったっけ?と感じたのを思い出しました。

今回、飛行機では往復とも耳抜きができたようで違和感が無かったので何が原因かは良く分りません。ヴァイオリンの音が耳にキツく感じてしまい、無意識のうちに耳にやさしい音で弾くようにしてしまっていたかもしれません。耳が痛いのか鼻なのかのどなのか、花粉症もあるので良く分りません(笑)。笑ってる場合かわからないけれど、少し様子をみてみます。



201903112241288a2.jpeg

昨日花屋さんで目が合って買ってきた「オステオスペルマム」という花。調べてみたらアフリカ原産だそうです(笑)。



無事に帰ってきました

 2019-03-07
予定通り、5日の夜にチュニジアから帰ってきました。

初めて行った北アフリカのチュニジアは、たくさんの古代遺跡、イスラム世界のモスク、青い空と地中海、オリーブやオレンジ、親しみを感じる現地の人たちなど、とても良いところでした。アフリカというと、とっても遠い想像できない場所のように感じますが、首都チュニスにはビルも電車もあるし、高速道路にはたくさん車が走っていて、でもその路肩のようなところで羊の群れが草を食べていたり、鉄塔の先端にコウノトリの巣があったりと、面白い光景も見られました。

現地で新鮮な気持ちのうちにいろいろ書いてみたかったのですが、一度書いたまま断念しました。あれを書いたそのすぐ後から体調を崩して、何度か食事をパスしたものの、全日程バスで移動して、歩き回って観光してきました(笑)。今なら笑えるけれど、その時は結構頑張っていました。

成田を発った時、空港は雨でしたが、その後戻ってくるまでずーっと晴れでした!(前の週のツアーでは雨の日もあったようです) ガイドブックの青い空を疑いの目で見ていたけれど、行ってみたら本当にそうでした(笑)。東京よりも暖かく花も咲いていましたが、朝晩や風が吹くと寒く感じました。

気に入った場所はいろいろありますが、ドゥッガという場所の古代ローマ遺跡がとても良かったです。劇場も残っていました。


20190308000452829.jpeg


帰るころには元気が戻り、食事も普通に取れるようになって、買い物もして、調子が出てきました(笑)。何が悪かったのか分りませんが、順応するまで時間がかかる人なのかもしれません。元気に帰ってきたけれど、いろいろキツかったので昨日は一日ゆっくり休んで、今朝鏡を見たらようやくいつもの表情に戻っていました。

昨年の旅行の時も着いたらしばらく調子が悪く、旅行は向いていないのかなぁ~と自信がなくなりますが、またすぐにそれを忘れてしまうのでしょうね。

これからポツポツとでも、旅行のまとめを書けたら良いなと思っています。



チュニジアに着いた

 2019-03-01
成田からドーハ経由でチュニジアに着きました。12時間+7時間飛行機に乗っていたようですが、何度か時計を戻すたびにわたしの頭の中もその時間に合うようで、なんとなく疲れた長い一日だったという感覚です。ですが旅行日程的には2日目が終わりました(笑)。

飛行機の中で何度か考えていたのは、地球から飛び上がってそのままステイしていたら、12時間で地球の反対側まで行かれないのはなぜ???子供電話相談室みたいな疑問ですが、ジャンプして着地したら西側へズレていたなんてことにはならないのでそれはないのでしょう。

眠たい、眠たすぎる。チュニジアで感じたことを、新鮮なうちにと思っているけれど、眠たい。残念ですが、この辺でもう寝ます。

20190301070929a0c.jpeg



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫