FC2ブログ

アゴ当てを最初のものに

 2019-01-29
先日の日曜日から放送大学の試験が始まっています。たまたまですが、1日おきに1~2科目の試験という日程になっていて、あと残り2科目です。「やることがはかどっていない」と言っていたのは試験勉強も含まれます。これまでサボっていたので、今とってもがんばっていますよ(笑)。

ヴァイオリンの練習はしています。で、前から気になっていたことですが、左手が動かしにくいのはアゴ当てがしっくりしていないせいもあるのではないか?ずっと手や肩の調子が悪いからだと思っていましたが、このところ少しは良いはずないのに弾きにくい。そのまま頑張って、ちょっと前には腕が痛くなってしまいました。

夕べも練習しながら、やっぱりアゴ当てだな…と思っていて、今日練習を始めてから我慢できなくなって、相棒くんを買った時についていたアゴ当てに換えました。そういえばわたし、中高生の頃から試験になると机の掃除をしたくなる人でした(笑)。

以前、今のクローソンのアゴ当てにした時は音が良くなったので、戻すのは気が進まなかったのですが、身体には元の方が合っているのではないか?とかなり前から思っていたのです。戻したら、やっぱり首やアゴから少し力が抜けて楽になり、ヴァイオリンの収まりが良くなって安定します。支える方がしっかりしていないから余計に押さえにくかったのかな。肩も不安定だったので、何のせいで上手くいかないのか、良く分らなかったのですね。

音の方はどうかな…と思っていましたが、変えてみたら良くなった!また妄想世界の人になっているのかもしれないけれど。弾く人の状態が変われば音が変わって当然ですが…、わたしが好きだった音はアゴ当ての音??え~、そうなのかな…?クローソンにした時とは楽器の状態が変わっているのでこういうこともある、かな。

ツィゴイネルワイゼンの好きな部分(ミュートをつけて弾くところ)は、ん~、違うなぁ…と思ったのだけど、弓の張り加減を変えたら思うような音色が出るのが分りました。身体が楽なのはわたしにとっても、出てくる音にとっても大事なことです。相棒くんも楽になったように感じるのはまた妄想かなぁ。今度のレッスンで先生に判断してもらおうと思います。



余裕とか彩りとか

 2019-01-24
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

最近、忙しくないこともあり自分の気持ちに向き合ったりして、なんだかなぁ…という時間を過ごしていますが、ヴァイオリンの練習だけはしなくては!と思って。来月の演奏もあるし、レッスンの課題もあるし。

でも、たくさん練習するとどうやら手や腕が疲労して、かえって動かしにくくなってしまうようです。たくさんと言っても、現状のわたしにとってということで、一般的な「たくさん」よりはるかに少ないと思います。やらないと動きが悪くなってしまうし、少しやり過ぎると動かないなんて、加減が難しい。

それに気が付いたのは今日のレッスンが終わってから。レッスン前に家で練習しながら「できない、できない!」とやっていて、練習してもできるようにならないなんて…と悲観的な気持ちになったまま先生のところへ。自分を否定的に思っていては音楽にならないです。そういえば普段の家での練習も、ツィゴイネルワイゼンの速いところやクロイツェル41番は、音楽を忘れて手の訓練のようになっているな…。

帰り道、「やってもやってもできないことに、こんなに時間と心を使っていて、何になるのだろう…。わたし、これでいいんだろうか…。」と珍しくそんなことを思いました。でもすぐに、他のことだって何だって、結局はみんな同列で、やりたいとかやると決めているからやるのだ、という考えが浮かびました。早い…(笑)、でも頭で思うことに気持ちが同意するには少し時間差があります。

何にしても、もう少し気持ちや考え方に余裕とか遊びとか彩りとか、なんかこう、そういうものがあるといい。いちいち深刻な気持ちになったって、それで上手くいくわけじゃないしむしろ逆効果です。いい大人なんだから、もうちょっとそういうふうにしたらいいのに。

先生は「いつになったら出来るようになるんだ!」なんてことは決して言いません。なんだかなぁ、何とかならんかなぁ…とは思っているかもしれませんが。わたしもそう思います。

昨日、ようやく赤いバラを買って、花瓶に入れました。もともと決めていたからか、買うのに何のためらいもなく(笑)、花瓶に良く似合って当然のように存在しています。わたしは花に同化するよりも「綺麗ね~。ありがとう。」と落ち着いた気持ちで眺めています。


2019012423582036d.jpeg



ヴァイオリンふたつ持って

 2019-01-21
この週末、久しぶりにヴァイオリンをふたつ持って出かけました。
来月、わたしが演奏するのは ヒントラボ文化祭 という、いつも一緒にいろいろ遊んでくださるいとう明美さんの会です。明美さんは何度かヴァイオリン体験をして下さっていて、今回一緒に合奏を披露することになっているのです。

前にヴァイオリンを触ったのはいつだった?というくらい間が開いていて「弓はどう持つんでしたっけ?」と言いながらも、ヴァイオリンはしっかりと構えられて、ふたりで以前練習していた曲を練習しました。

最初は難しい表情で、わたしも鏡越しに写真撮るのに難しい顔で(笑)、

201901211636147a3.jpeg


でも終わる頃には晴れやかなお顔で妹ちゃん(ヴァイオリン)との再会を楽しんでくれました。

20190121164353d05.jpeg

家の近所の、バンドの練習などをやるスタジオを借りたのでいろいろ写ってます(笑)。

普段、自分のふたつのヴァイオリンの音を同時に聴くことは無く、それで合奏できるのはとても嬉しいです。わたしは相棒くん、明美さんは妹ちゃんです。すぐに忘れますが、妹ちゃんはヴァイオリン体験用に買った楽器なのです。開放弦でふたつの音が響くと、自分の楽器ながら「おおー!」とその音に嬉しくなります。

去年の夏に少し手を入れて妹ちゃんの音が前より響くようになっていて、「押さえている左手にも響くのが伝わってきます!」と変化を感じてくれました。もともとウクレレを弾く方なので久しぶりでもすぐに思い出して、1時間で合奏まで行きました。ゆっくりのテンポでの全音符を、ひと弓で弾けるなんてすごいです。

音もだんだん良くなっていって「妹ちゃん、良い音がするんだなぁ~」と感じました。ヴァイオリン習っていないのに、そういう音を出してもらえて、もう、本当にありがとうございます。ほんのたまに、レッスンへ持参して先生に弾いてもらうことがありますが、先生はどんなヴァイオリンで何をやっても良い音を出してしまうので、素の音がよく分らないのです(笑)。

もともと体験用にと探して選んだので、楽器本人(?)もそういう心積もりがあるのか、フレンドリーに良い音を出してくれます。以前わたしの演奏を聴きに来てくれた友人たちに、相棒くんと妹ちゃん、ふたつとも触ってもらったことがありましたが、妹ちゃんの方がいいみたい。聴くのは相棒くん(いつものヴァイオリン)の音が良いそうです。

ヴァイオリンの音を出すのは、そんなに難しいことでは無いのだなぁ。そういえば、数年前に初めて先生のところでヴァイオリンを触って音を出した時にもそうだったかもしれません。音そのものを出すのは、楽器と弓がそれなりにちゃんとしていれば難しくないのかも。音を出すだけでなくいろいろなことをやらなくてはいけない、今のクロイツェルを練習している音の方がかなり無残です…。いえ、でも、いつでも何をしても良い音で、です。

ヒントラボ文化祭は2月11日(月・祝)です。音楽やダンスを楽しむという会で、無料ですが会場のご案内のためお申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください。

それから、ヴァイオリン体験、全然宣伝しておらずやっているのかいないのか分かりにくいですが、ご希望があればいつでもヴァイオリンふたつ持って出かけます。
ご興味ある方はどうぞ(^^)。くわしくはこちらです。「誰でもヴァイオリン体験」



ちょっとボーっと過ごしています

 2019-01-15
このところボーっとしている時が多く、やることのペースが落ちています。予定をキャンセルするようなことはないし、ヴァイオリンの練習はできています。体調も悪くありません。ただ、何となく自分の心の中を検証する時期なのかもしれません。

先日とても綺麗なガラスの小さい花瓶を見つけて、欲しいと思ったのですが、好きなものに手を伸ばすのを躊躇するクセがあってその時には買わなかった。数日考えてもやっぱり好きだと思ったので、買いに行きました。今、キラキラするカラッポの花瓶をパソコンの横に置いてあります。

昨日外を歩きながら、まだあの花瓶に花を入れていないな、わたし、何の花が嬉しいかな?と考えました。ミモザみたいな黄色い小さな花とか、黄色いバラ、ピンクのバラも好き…と思って、ふと、それは本当に自分が好きな花なのだろうか?と考えてしまった。

変かもしれないけれど、わたしは花を買ってくると、それと同化して嬉しい気持ちになっているところがあります。だから花がたくさんあると少し疲れる(笑)。黄色やピンクの小ぶりな花と、同じような気持ちになって一緒に喜んでいるのが心地良い。でも、それが一番好きな花なのかな?お店で赤いバラが目に入ることもあるのに、なかなかそれを選ぶことがありません。好きだと思った花瓶をその場で買わなかったのと似ています。

赤いバラに同化するのはちょっとためらいがある。買ってみらた自分をそういうものだと思えるのだろうか。わたしはこんな人、好きなものはこれ、得意なことはこれ、と決めておけば、いろいろ面倒くさくないと思っているだけなのかもしれません。自分が知らない自分や、自分で無意識のうちにないことにしている部分がたくさんあるのだと、最近思います。

朝起きて、昨日までの記憶がなくなっていたら、その時何を好きだと感じるのだろう?大事に思っているはずのものに何も感じなくなっていたらどうしよう…。そんな恐ろしい、取り留めのないことを考えたりしてしまっています。やっぱりりょっとヘン(笑)。

もしそうなっても、ヴァイオリンは好きなままだといいな。アヴェ・ヴェルム・コルプスを練習すると静かな穏やかな気持ちになる。まだ自分の音を良く聴けていないのかもしれないけれど(笑)。ツィゴイネルワイゼンは、わたしにとっては赤いバラと同じようなもの。たぶん認めるのが難しいわたしの一部分、かな。

今度、とびきり綺麗な赤いバラを一輪買ってきます。



良い音を追求するのは面白いです

 2019-01-10
今日はヴァイオリンのレッスンの日。寒いのに手袋を忘れてしまい、ポケットに手を入れるしかない(笑)。

改めて駒の調整をしてもらった相棒くん、「んん、前よりも良くなっています(^^)。」と言ってもらえました。が、チューニングする度にほんの少しですが駒は動くし、弓の張り加減もその日によって状態が違います。いろいろ良くなってくると、楽器も弓もそういうことに敏感に反応するようになるので「凄く良い!」と「あれれ…?」の差が極端になります。性能が発揮できるようになるということは、使いこなすためのコツも必要になり、弾く側も性能がアップしないといけません。

買った当初の音と似ているかという点では、もう、持ち主本人(わたし)は妄想世界の人になっていて良くわからなくなっていて、先生の方がその音を覚えているようです。また新しいことを教えてくださり、実際に試してまた少し音が変わり、弓も扱いやすくなりました!何をやっても音は変わります。嬉しくなったり、何が何だか分らなくなったり、それはもう大変ですが、そこがまた楽しいところでもありますね。

来月に1曲だけですが演奏する機会があります。「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を弾くことにしました。今日はそれを見ていただきました。いつか弾いてみたい!と思っていましたが、ヴァイオリンひとりで弾いてもあの曲の良さが伝わりません。今回はピアノと一緒なのでやってみることにしました。

家で練習していても、どうもショボショボした感じで心配になります。今日、先生が出す音を聴いたら「ああ~、そういう音で弾きたい~。」と思いました。漠然と「こんな雰囲気」というイメージはあっても、実際に自分のヴァイオリンからハッキリとした「これ!」という音が出てきていませんでした。

シンプルな曲を良い音で弾きたい。それには相棒くんと弓とわたし、全部が上手くかみ合わないと出来ません。かなり難しいことだけれど、わたしがやりたいのはそういうこと。「もっと裏声でできますか?(^^)」そう言われて、いつのまにか自分でも少しそういう音が出せるようになっていました。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫