FC2ブログ

魔法の棒になったかも

 2018-12-18
この前のレッスンでおそうじした弓を先生に見てもらいましたが、ざっとやっただけでまだ汚れが取れていないところがあり、レッスンの翌日の金曜日に改めてやり直しました。今回はネジを緩めてフロッグを外したので、弓の毛を気にすることなくできました。やっぱりまだ結構汚れていました!

ちょっとやっただけでもかなり音や使い勝手が変わったので、しっかりそうじしたらどうなるか?と思いましたが、最初の時ほどのインパクトは感じませんでした。すでに、もう、何が何だかよく分らなくなっているので…(笑)。そうじをしたら音を出すのが楽しくて、夜にふたご座流星群を見に出かけようと思っていたのに行きそびれました。

弓の毛の張り具合で音が全然変わってきます!どのくらいが良いんだ?と試していると、え~、こんなに緩くていいの?と思う加減で一番良い音がするような気がする。今まではもっとアバウトだったのですが、顕著に違います。あとは、駒からの距離を変えてみたり、弓の使う場所を変えてみたり、ついでに松脂も持っている4種類を試してみたり。

圧力をほとんど掛けずに大きく弓を使うのは難しいな…。でも気がついてみると、今までよりも弓元ギリギリまで使っても「ギコッ」とならず、弓先ギリギリでも擦れたりしません。わたしが急に上手くなったはずはないので、弓のそうじの成果です。あとですね、音程が合っているのか外れているのか、今までよりもハッキリ分ります。

それから、謎なのですが、ツィゴイネルワイゼンの細かく速い部分を弾くと、左手がこれまでよりも良く動くような気がします。実際には調子が悪く動かしにくいのに、どうして…?フラジオレットは今までやってもやっても音が出にくかったのが、いつでも音がひっくり返る準備ができてます!というような感じ。

でも何よりも違うのは音の質です。声が変わった!自分の声に戸惑っている変声期の中学生みたいな感じ。いや、変声期を経験したことないので想像ですが(笑)。なんだか、これまでの音とは次元というかレイヤーというか、がちょっと違う感じです。今までは自分の頭の中にある音がヴァイオリンから出てくると思っていましたが、訂正します。思ってもいなかった音が出てきます。逆にそれを自分にインプットしている状態です。

この週末は劇場での仕事は無く、ヴァイオリンも弾けました。まだまだ今までと違うことや思うことがありますが、よく整理できていません。弓を変えたわけじゃないのにそのくらい違うし、感じる事がたくさんあります。

金曜に極大だったふたご座流星群は、外へ行かなかったけれど家の窓から頑張って見たら、3つも観測できました!雲の間からでも分るくらい明るい流れ星でした。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫