FC2ブログ

楽器と弓と人との調和

 2018-12-14
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。すっかり寒くなりましたが、先生のお部屋に着いたら暖かくて生き返りました~。

弓のそうじの方法(自己責任流)を教えていただいて試したのと、先生が先日弓を購入されたことで、昨日のレッスンも弓についていろいろな体験をさせていただいたり、お話を聞かせてもらいました。今回の先生の弓はとても軽いもので、自分の弓も軽いので気になります。

ボーイングの練習で先生の重たい弓、今回購入された軽い弓の順でお借りしたら、この軽い方の弓は音を出していてとても嬉しくなってしまいました。好きです!(自分のじゃないのに困る…)ただ、軽い弓はレスポンスが良いのでやったことがそのまま音に反映されるそうで、緊張したらそれがそのままダイレクトに音になってしまうということです。恐ろしい…。

おそうじしたわたしの弓は「垢抜けた音になりました(^^)」と言われ、以前よりもレスポンスが良くなり(嬉しいけれど大変だ!)前よりも更に軽い圧力で弾いた方が良く、弓の毛もあまり強く張らない方が良い音が出るようになりました。以前から、楽器や弓そのものが変わった時だけでなく、弦の種類が変わったり、調整具合や何か状態に変化があったときには、それに合わせて弾き方を替える必要があると、折に触れ教わって来ましたが、今回もその必要がありました。

少し汚れが取れた程度でも、敏感な弓にとってはかなりの違いを生むことで、わたし自身は「音が変わった!」とは思ったけれど、そう思っただけで終わっていました。いつものことはいつもやっているように弾いてしまう…。ただ、レッスンの課題ではない今度弾こうと思っている曲を練習した時に、いつもよりとても軽い弓使いで弾いた方が思う音が出るな~と思ってはいました…。

今回のレッスンで、先生のいつもの楽器を色々なタイプの弓で弾くのを聞いて、わたしの弓でも音を出してもらって、弓が違うだけでいろいろな音が出るのを実感できました。楽器と弓の相性も感じる事ができました。楽器に合う弓というのはやっぱりあって、で、自分の楽器に今の弓が合っているのかというと、正解はどこにもないけれど、わたしが思うような音が出る組み合わせにはなっている。

軽く弾いた方が良いヴァイオリンと、軽く弾いた方が良い音が出る弓と、軽やかに弾きたい人は調和し、強くガシガシ弾いた方が良いヴァイオリンに、太い音が出る重い弓と、そうやって力強く弾くのが好きな人は調和する。自分が好きなものは自分が好きな音が出るから好きなので、自分の好みの音が出ないものは選ばないから、自然と調和する組み合わせになるんだろうな。

週明けには不調で「どうしよう…」と思ったけれど、なるべく暖かくして、ダメかも…と心折れそうになると「頑張れ、みほ!」と励ましたり(笑)、クリーム入れたココアを飲ませてあげたりして、何とかなりました。いつもの相棒くんを持ってレッスンにも行けたし、2巡目クロイツェル40番もゆっくりですが最後まで弾けました。良かった…。

先生のお宅の玄関にクリスマスの飾りがあったのを見て、わたしも家のかわいいツリーを出しました。


20181214003215f69.jpeg



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫