FC2ブログ

わたしの仕事は

 2018-12-04
12月に入りくるみ割り人形のリハーサルに行くようになると「ああ、またその季節がやって来たなぁ」と年末モードになります(笑)。

少し間があきましたが、前の仕事が終わり、次の準備の合間に少しゆっくりできる時間もあって、身体も気持ちも元気が戻りました~。ヴァイオリンの練習も再開して、リハビリが終わったか?というところですが、また明日から劇場でしばらく弾けません。(弓の掃除をしたら…!また今度書きます。)

バレエの舞台には大勢の人が関わります。出演者が100名越えることもあり、裏側で働く人は50人くらいはいて、オーケストラピットにも50人くらい?今度はコーラスもいます。ホールは1200くらいのキャパで、まあ本当に大勢の人が同じ時間を共にするのです。

わたしの裏方の仕事は「これをやる」と決まっていること以外にも、他の人の仕事の隙間を埋めるような役割もあり、いろいろなことを気に掛けながらも、自分の性格から後ろへ後ろへ…と引いて、地味~にやる方向へ行くのですが(笑)、そういう大きな劇場で大勢の人の中で、自分の場所があることを嬉しく思います。

舞台自体は何も問題なく終わっても、自分が思うようにできなかったことや気が回らなかったことを後から悔やむことが多く、「わたしではなく別の人だったらもっと良かったのかも」と思うことがあります。でも、実際に手や身体を使ったり、言葉を発したこと以外に、自分がしている仕事の大きさを改めて教えてもらう機会があり、わたしがコンディション良く舞台の裏側で過ごすことは、自分にとってだけでなく、舞台全体にもとても大切なことなのだと分りました。

上手く言葉にできないし、すごく役に立っているようにはあまり見えないかもしれないし、何のことか誰にも分らないかもしれないけれど、そういえばこれまですーっと心の奥の方では知っていて、やっていたことです。裏方さんよりももっと後ろの方で、舞台を支える役割…かな。

本当の自分の仕事が良く分ったので、裏方さんとしての自分がいたらない事が多少あっても、もうこれまでのように自分を責めないようにします。いつだって良くやりたいと思っているのだから、それでいいです。明日からの仕事も、本当に上手くいくと良いと思っています。いつも心配はあるけれど、とても好きな演目です。


20181204183236194.jpeg

八幡さま(鶴岡八幡宮)のかわいい鳩をトランシーバーに付けています♪



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫