FC2ブログ

自分の弓の価値

 2018-11-21
今日はヴァイオリンのレッスンでした。
前のレッスンの方が先生と弓についてのお話をしていたのが聴こえて(笑)、わたしもその続きで先生に弓や楽器のお話を聞きました。先生が良いと感じたものがどういうものだったか、値段もですがいろいろ気になります。

今使っている弓は、弦楽器専門のオークションでひとりで選んだものです。購入前に先生に出品リストをみてもらいご相談した経緯があり、買ってから実際に音を出してもらって「悪いものではないです(^^)」と言われています。が、上手くいかなくなると「もしかしてこの弓が良くないのか?」と思ってしまうことがあるのですね。

それをお話したら、弓の銘柄は伏せたまま先生の弓をいくつか試させてくれました。先生がわたしの弓で自分の楽器を弾いてもくださり、「はぁ~、良い音がする~。」と思ってしまいました。わたしの弓(相棒くんとか妹ちゃんとかいう愛称はつけていません、笑)、先生にあの楽器を弾かせてもらって嬉しいだろうな。そういう音でした。

自分の弓に似た音が出るだろうと、先生が貸してくださった弓、本当に出てくる音の種類(としか表現のしようがないのです)も弾いた時の感触もかなり良く似ていました。ソックリといいたいけれど、後からその弓の銘柄を聞いたのでそこまで言うのははばかられます(笑)。倍音というのかな、他の弓ではいくつか聴こえるのが、もっとたくさん、音符を散りばめたように響いて聴こえます。わたしの弓にも先生の松脂を塗って差がないようにして比べさせてくれました。

スワンヘッドのこの自分の弓、とても気に入っているはずなのに性能を疑ってゴメンナサイ。濡れ衣でした、わたしが悪かった。買った時から気になっている巻き革とラッピングを、今度楽器屋さんで交換してもらうことにします。

2巡目クロイツェル39番、一度家で肩を外してからはとても気をつけて、腕の角度を変えないように怪しげな動きになりながら弾けば大丈夫なので、レッスンでもその作戦(?)でやらてもらい、最後まで弾けました~。良かった…。次は40番、重音を弾きながら片方の音にトリルをかけるのがずーっと続く曲です。

肩や体が痛いなぁ~と思って、レッスン前は元気が出ない感じだったのが、先生と弓や楽器のお話をしたらすっかり元気になりました!仕事で疲れて、ヴァイオリンの練習で煮詰まって、それが気分転換だなんてドMだなぁ…と思っていたけれど、いやあ、すっかり心もようが変わりました。

明日から4日間、全く違う場所で3つの仕事です。元気出た!反省ネタを持ち帰らず終わったことはバッサリ忘れて頑張ろう。最終日は先生の近くのホールでそんなに遅くならない予定なので、いつもはお休みの珈琲屋さんに寄れるかな。


20181121213907813.jpeg   帰りはちょっと寒くなっていました。もうすぐ満月。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫