FC2ブログ

できなかったことを数えない

 2018-10-11
今日はヴァイオリンのレッスンでした。いつもの曜日のいつもの時間、通常の2週間間隔でのレッスンです。

どんな時でも充分な練習ができました!と思ってレッスンへ向かうことはないし、終わってからも、もっと練習すれば良かった、あそこがダメだったなど、できなかったことに気が向きます。

「反省だけならサルでもできる」
「できなかったことを数えることがキミを停滞させるんだ」

ということで…、
これからは心の中でもここでも、反省会はやめます。(なるべく…です)

自分は普段は特段暗い人ではないはずが、ヴァイオリンについては悲観的で心配性だと、思いたくないけれど認めます。舞台の仕事も若干そうだけど、劇場に入る前夜と終わってからの一人で家にいる時だけで、現場ではまったくさっぱりとしています。


2巡目クロイツェル36番は、先回の35番よりは少し良かったし、ツィゴイネルワイゼンの中で、家で練習してもなかなか上手くできなかった部分が、先生に言われた通りにしたら一瞬思うような音に近い音が出ました。

レッスンはできないこともできたこともあって、普段のように終わりましたが、自分の表現ツールはヴァイオリン…と書いたそばから、現実に引き戻されて、それは自分の勘違いだったか…?と、珍しく帰りの足取りも重く、というか現実に足が重く感じて、ただ単に疲れているのかもしれません(笑)。気持ちも身体も密度がいつもの半分くらいの感じ(←イメージです)。


20181011232151c9c.jpeg

先生のところへ行く途中に咲いていました。ちょっとピンボケだけどかわいいね。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫