FC2ブログ

先生とヴァイオリン改良のお話し

 2018-08-22
今日はヴァイオリンのレッスンでした。いつもと違う曜日の違う時間で、今月は今日の1回だけです。一時期涼しくなったのに、また暑くなってしまって、日陰を歩いて行きました。

改良の終わった妹ちゃんを持参しました。控えの妹ちゃんはいつもの相棒くんよりも少し軽くて扱いが楽なので、たぶん一年位前に腕が上がらなくなった時のレッスンに持って行って以来かもしれません。改良作業をしたことをお話ししたら、状態を点検して駒の位置を調節して下さいました。音がきつ過ぎるのでは?とか、薄いのでは?など、自分なりに調節はしたのですが、だんだん疲れてこのくらいかなぁ…?となっていたのを、音だけでなく論理的にも良い状態にしてくれました。

ちょうど先生も最近新しいヴァイオリンを購入して、もちろんわたしとはレベルが違いますが改善作業中なので、タイムリーにまたいろいろなお話しを聞けました。妹ちゃんの後に先生の楽器で音を出したら、もうぜんぜんパワーが違って、思わず笑いが出てしまった。ああ、そうだなぁ。このくらい元気な音が出るのが良いのだろうなぁ。わたしが弾いて、そういう音になるのです。

買いたいと思っている(←買う気満々になっています)肩当てのお話しをしたら、先生が持っている似たタイプのものを試させてくれました。形は自分のと同じでも材質が違うので、やっぱり音が変わります。わたしのはマッハワンのプラスチック製、先生のはアッシュ材だそうで、試してみたところ少し柔らかめのメイプルが良いかもしれないという結論になりました。

駒を調整したり肩当てを試したり、先生の楽器を試させていただいたりして、課題は2巡目クロイツェル34番の1ページ目だけで終わりました。わたしはつい弓元の方で弾いてしまい、息苦しい音になってしまう。残りの2ページはもっと真ん中や少し先で弾けるようにとのことです。

妹ちゃんが良い音になって嬉しいけれど、本当はいつもの相棒くんがもっと良い音になったら…と思います。新しい肩当てにしたらそうなるかな?妹ちゃんのようにラフにいじくりまわすのはどうかと思っていますが…。それよりもまずは自分の練習ですね。明日からの4日間3カ所の仕事が終われば一段落します。少しハードなスケジュールで心配…。

月曜日には新しい肩当を受け取りに行くんだ~!あれ?練習は?(笑)


20180822214032021.jpeg

ベランダのプチお花畑(^^)



妹ちゃんの仕上げ完了

 2018-08-16
新しい種類の弦を張って、横板と駒をいじった妹ちゃん(2つ目のヴァイオリン)、その後も良い音がしているような気がします。妄想と勘違いが続いているだけかもしれませんが、こればっかりは自分ではどうしようもない。ただ、楽器のスケール感は、やっぱり相棒くんには負けるなぁと、少し現実に戻ってきつつあります(笑)。

これまで今回の改善作業に2日かかっていますが、今日は後回しにしていた横板の仕上げを。仕事が忙しい時期と言いながら、合間を縫ってマメにやるなぁ…。でも去年もそうだったみたい。違うことをやると気分転換になって良いのです。

数日弾いてみて感じたことがあるので、それが良くならないかと、分かっているのかいないのかも分らないけれど、少し改善できたような気がします。(←また妄想世界に行っている) 現時点ではこれで終了です。楽しいけれど疲れた…(笑)。ゆくゆくはパキパキいって動きの悪いペグを換えるとか、テールピースを別のものにしたら?とか、また気が向いたらやってみたいと思っています。

どの楽器でもそうですが、肩当てでもかなり音が変わるので、今の妹ちゃんにはどれが良いのだろう?と手持ちの3つをとっかえひっかえして、最初良いと思っていたものがそうでもないと思い直し、次の日にはそれもまた違うと思い(笑)、結局相棒くんと同じものが良いという結論になりました。

何をやっても何を変えてもヴァイオリンの音はすぐに変わる。以前はその楽器の「本当の音」があると思っていたけれど、今はそう思わなくなりました。でも、「もっと良い音が出るはず!」とは思うのです。その時に楽器とわたしで出せる一番良い音が自分にとっての「本当の音」かな。相棒くんや妹ちゃんを先生が弾くと嫉妬するくらい良い声で歌うけれど、それはわたしの音とはやはり違うのだと思います。

作業だけでなく練習もしています(笑)。でも腕や手がすぐに疲れてしまって、なんだかなぁ…。どんな時でもやったなりに進歩はあるものなので、それなりにですがあきらめずにイヤにならずにやることにしています。時々あきらめたりイヤになったりしますが、中断して別のことをして気分を変えると、また少しやろうかなと思えます(笑)。

明日から仕事は後半戦。その合間にヴァイオリンのレッスンが入っています。ん~、自分で決めたことです、大丈夫だと思います。新しい肩当てが欲しいなぁ~(笑)。


20180816214419270.jpeg


この夏は可愛がっているミニバラが次々に咲いてくれて嬉しい。



妹ちゃん、ありがとう(^^)

 2018-08-10
安価な楽器に良いかもと先生が言っていた弦を、先日、妹ちゃん(2つ目のヴァイオリン)に張ってみました。良いような気がする…と思うのですが、妹ちゃんは本当はもっと良い音がするのではないか?少し鼻づまりっぽい雰囲気なのが気になります。低音は割と良く出ますがE線など高い音はあまり伸びません。

この楽器は、買ったばかりの時に裏板と表板は大胆に手を加えています。なんとなく書くのがはばかられるので詳細はこちら「自己責任でヴァイオリン磨き」。その時に横板までは手が回らずそのままでした。気になる音を良くするにはこれをやらなくてはと、横板を同じように磨く(?)ことにしました。作業を始めて下から良い雰囲気の木の肌目が出てきたときに、やっぱりやって良かったと思いました。

前の時もそうでしたが、途中で板をコンコン叩くと明らかに音が違ってきます。自分なりに良いと思うところまでやって、細かい仕上げは後回しにして、弾いてみました。やっぱりかなり音が良くなりました!(←頭が妄想世界に行ってしまってよく分かっていないかも)

ヴァイオリンを持ったらとても軽く感じます。重さが変わるほどガシガシやってないけれど、わたしの気が晴れたからか、妹ちゃんがそうなのか、軽やかになっています。今までこのヴァイオリンに感じていた違和感を解消できて良かった。違和感はあっても、そういうものとあきらめていたというか、納得させようとしていたというか…。解消してみて改めてそうだったんだと気が付きました。

今回弦を変えてツィゴイネルワイゼンを弾いた時「妹ちゃん、この曲好きだよね。」と思った。以前からそう思っていたけれど、やっぱりそうだよなぁと、改めて。相棒くんより少しだけ小ぶりで扱いやすいからというだけではないような気がします。それなのに、大好きなフレーズを弾いたらつまらない音しか出ません…。相棒くん(いつものヴァイオリン)では多少練習不足であっても音色だけはニュアンスのある思うような音になるのに。

妹ちゃんの音は本当はこの音ではない。もっともっと良い音がするはず。何の根拠もありませんが、確信のようなものが心にありました。いや、確信というよりもわたしの願いのようなものかもしれません。妹ちゃんがこの曲を好きならば、こここそ超絶良い音で歌いたいでしょー!いえ、わたしがそう弾きたいのです。

実は横板以外にもうひとつ、自分で半製品を購入して使っている駒が「とりあえず」のままでした。あとはこれに手を入れるしかないなぁ。少し弦を緩めて、購入した時についていた背の低い駒を前に差し入れて今の駒を外します。調べられることは調べて、相棒くんの駒を見たり測ったりしながら少し削りました。でも楽器自体が違うので同じになるまではやらずに。

目印に貼ったマスキングテープのところに駒を戻して、音を確かめながら位置を調節してみます。最初、E線の音があまり良くなかったけれど、少し位置を動かしたら良くなりました。わたしのような素人がそんなに簡単に音を良くできるなんておかしいかもしれないけれど、わたしの願い、叶えられました。ツィゴイネルワイゼンの好きなフレーズ、相棒くんとは少し違うニュアンスの気に入った音になりました。

相棒くんと交互に音を出してみて、自分で弾きながら聞いた感じでは全く劣らない。相棒くんよりも軽い圧力で弾いた方が良い音になります。むしろ相棒くんの音の出方に若干ストレスを感じてしまう…。自分では客観的に音を聴けていると思えないので、今度先生に聴いてもらうことにします。耳元でだけ良い音に聴こえているのかもしれないし。

伸び伸びと歌えるようになった妹ちゃんで、わたしが弾ける数少ない好きな曲を弾いてみた。上手い下手は別にして、どれも良い音が出て幸せです。ずーっと弾いていたいと思ったけれど遅い時間なので終わりにしました。なんなのだろう…、自分の楽器から美しい音が出てくるのがとても幸せ…。わたしの心から不自由さを取りはらって、好きなようにさせてくれる。

なんだかじんわりと涙が出そうになります。わたしにとって、こういうことがこんなに大きな喜びだということに驚きます。良い音だと思ったのが明日そうでなくなっていても、妄想でも勘違いでも、今のこの気持ちが幸せです。妹ちゃんありがとう(^^)。


IMG_8835 (1280x1280)



運が良いのか悪いのか

 2018-08-03
暑さとか仕事とかヴァイオリンの練習とかテストの勉強とか、イヤんなっちゃうなぁ~と思うこともありながら、仕事終わりに美味しいものを食べたり、ヴァイオリンの弦を新しくしたり、道端で出会ったお花の写真を撮ったりと、結構上手に気分を切り替えることもできています。

この前のレッスンの翌日から一泊で静岡の清水に仕事に行きました。ちょうど帰りが台風接近時と重なり東海道線が不通となって、車で静岡駅に送ってもらうことに。途中車の中から大きな木が根元から倒れているのを目撃しました!新幹線は運転見合わせと再開を繰り返していたようですが、駅に着いた時にちょうど来たこだまに運良く乗れて帰ってこられました。乗った直後に後続の新幹線は終日止まってしまったみたいで、本当に運か良い!

翌日は朝から放送大学の単位認定試験が3科目ありました。仕事明けの朝なんて、いつもはボーっとしてもう何にもやりたくない気分なのですが、頑張って出かけて、間の時間にも追い込みの勉強をして、その甲斐あって最初の2科目はかなり良い感触でした。新幹線の中でも勉強したしな。

でも2科目目が終わったところで身体も頭も「もう限界!」となってしまいました。「帰りたい~、眠たい~、疲れた~、体が痛い~」と思いながら自習室でしばらくうにゃうにゃ過ごした後、気を取り直して珈琲を買って少し勉強してみました。最後の科目は好きな場所だけを掘り下げてすごーく楽しく学ぶという偏った勉強しかしなかったのです。で、試験の問題がそこから外れた場所から出題されたので、問題を見た瞬間「あ、終わった…」と思ったのですね。教科書持込可だったので苦し紛れに何か書いてはきたけれど、次学期に再試験かな…。

興味のある好きなテーマについて深く掘り下げて学ぶことはとても楽しく、キリスト教の異端についての本を読んだり、ヤン・フスや宗教改革、ローマ教会と正教会、カトリックとプロテスタントなど、2月の旅行で見聞きしたことや感じたことが整理されて、自分の体験と教科書にあることや調べた事が立体的になり、現時点のわたしなりに理解できました。テストはできなかったけれどとても満足。

ようやくゆっくりできる休日にヴァイオリンの弦を張替えました。いつも弾いている相棒くんではなく、もうひとつの妹ちゃんの方です。新しい種類の弦を試すのはとっても楽しくていそいそと苦にならないです(笑)。チューニングが落ち着かないのでいつもはすぐに弾いたりしないのですが、こまこまチューニングしながら音を出してみました。良いような気がする(自己暗示)。その後また仕事に行っていて数日弾けなかったけれど、今日弾いてみてもやっぱり良いような気がしています。

試験前の現実逃避か?高校生の頃も、定期テスト前に机の上の掃除をしたくなったりしてたな(笑)。明日最後の1科目の試験が残っているのです。好きなことを勉強するのは楽しいけれど、テストのための勉強は好きになれない…。


IMG_8812.jpg  

仕事へ行く朝、新橋駅ホームの天井に見惚れる(笑)


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫