FC2ブログ

踊りの曲は良くわかる

 2018-06-20
週末に久しぶりの現場仕事があり劇場へ。その時にはあまり感じなかったのに、終わった次の日はとても疲れてほとんど寝て過ごし、翌日に復活しました!

ヴァイオリンの練習をする前に、仕事でよく聞いているメロディーを弾いてみようと楽譜を探しました。ミンクスの「ドン・キホーテ」はIMSLPにピアノスコアしかなかったのですが、知っている曲だからヴァイオリンがどの音を弾いているのかは分ります。カッコいいメランコリックなメロディーは楽譜で見ると特別難しくは無いのですが、自分が弾くといつも聞いているような音にはなりません。

そういうことをしてみると自分の何が足りないのか良くわかりますね。粘っこさとか押しの強さとか…、いつもレッスンで言われていることです。相当頑張ってしつこく濃~く弾かないと、耳慣れたメロディーにはなりません。ん~、やっぱりそうなんだ…。

踊りの曲はわたしにはよく分る。以前先生が「音楽体験というのは、楽器をやったことがあるかどうかだけではありません(^^)」と言ってくださったことを思い出します。その時にはあまり実感できなかったけれど、音楽に合わせて踊ることは音楽体験のひとつなのだと、今の段階になって良く分かるようになりました。

ヴァイオリンを弾くという同じことをするにも、人それぞれ脳ミソの使い方が違っているのだろうな。わたしは楽譜を見て弾いていても今出している音がドレミファソラシドの何の音なのか意識することが苦手です。最初はたどたどしく時間をかけて楽譜で音を確かめながら弾くので認識しているはずですが、音を覚えたら考えなくなってしまいます。(←だから未だに初見では弾けません)

わたしの音楽体験は何の役に立っているのかと言えば、ん~、曲の起承転結や流れを感じるのが少し得意かもしれません。あとは曲から妄想する色や温度や景色や動きとか。先生はわたしのそういうところをよく分かっていて、「これを踊りの動きに置き換えたらどうなるかを考えて弾くとどうなりますか?」と言ったりします。そういうことで音が変わってくるのです。便利なんだか不便なんだか…(笑)。

でも、そういうわたしの特徴を上手に活用して自分らしいヴァイオリンができたら楽しいだろうな。


20180620232841b4c.jpeg


普段よりも少し丁寧に掃除をして今日は小さな花を買いました。梅雨時にオレンジのお花、部屋も気持ちも明るくなります。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫