FC2ブログ

クラシック音楽は民族音楽

 2018-06-12
放送大学の授業は主にテレビやラジオで受講しますが、普通の授業のように先生から直接受けられる授業もあります。いろんな講義がありますが土日のものが多く、わたしの場合、日程的に受けられるものが限られてしまいますが、先週から週1回×4回の音楽に関する授業に出ています。

先週は音楽の定義や音楽学や歴史について、ざっくりとでしたが興味深いお話をたくさん聴きました。その中で「クラシック音楽というのはヨーロッパの民族音楽である」というお話が、わたしには目からウロコでした!

日本の学校での音楽教育は西洋音楽の流れのものでドレミファソラシドと習うし、「音楽といえばクラシック音楽が一番上にあって、その中でも交響曲が最上級の音楽」みたいな風潮もあります。わたしはそれに反感を感じながら、でも結局は西洋音楽の中のヴァイオリンやバレエが好きだし、舞台の仕事もそういったジャンルで、ドップリその世界の人になっていることは認めざるを得ません。

この「クラシック音楽はヨーロッパの民族音楽」という話を聴いて、何だか少し気が楽になりました。西洋文化のマネをして外発的近代化をしてきた日本人が「西洋音楽=音楽」と受け止めたことは良く分る。でもヨーロッパは広い世界の一部の地域だし、世界にはたくさんのジャンルの音楽があります。生まれて初めてそういう視点から自分の好きなものを捉えることができました!

それが分かっても、自分が18・19世紀のヨーロッパの音楽やバレエが好きなことには変わりありません。オペラに比べてバレエは芸術性が低いとか、バレエ音楽もそうだとか言われることがあっても、好きなものは好きなのだから仕方ないです。ただ、自分が関わっているものがとっても狭い範囲のマニアックなものだという認識は持っていたいと思います。マニアック好きだからちょうど良かった(笑)。


201806122301593fe.jpeg  

今日出会ったビョウヤナギという花



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫