FC2ブログ

疲れていないつもりだったけれど

 2018-02-28
旅行から帰って数日はいろいろと予定がありシャッキリしていて、旅行中もその後も時差ボケもぜず「わたし完璧!」とか思っていたのですが、その後疲れが出たみたい。そういうのは弱いところに出るものでまた肩の調子が悪く、脱臼したのは自分でなんとかできたけれど家での練習を休んだり、左の肘を支えるために足に乗せてみたりしていました。

久しぶりに少し軽い方の妹ちゃん(2台目のヴァイオリン)を弾いてみたら、こっちの方が断然楽です。大きさはさほど変わらないけれど楽器の厚みが少し薄く腰が張っていないスリムな形なのと、アゴ当ても軽いものを付けていてネックがほんの少し細い。そういう細かい違いの積み重ねでずいぶん違ってくるものですね。普段はそれほど感じないけれど、今のわたしは重さに敏感なので(笑)。

旅行に行って感じたことのひとつは、自分も含めアジアの人は小さいということ。オーストリアもチェコも飛行機や空港で見た人もみんな大きく、出てくる食事の量も多くてスプーンやフォークも大きい。乗った地下鉄にはつり革が無く、上にある手すりには手が届かない。日本人女性としては平均的な160センチのわたしは子どもみたいな大きさ。

大きなヨーロッパの人と同じ大きさのヴァイオリンを弾くのはちょっと大変なことなのかもしれないなぁと、今更ながら思いました。大きい人にはヴァイオリンは軽くてちっちゃくて、取り回しが楽なんだろうな。7/8サイズのヴァイオリンを弾いたことは無いけれど、体との比率からしたらそれで同じくらいになるかもしれませんね。

旅行の写真は、先日載せた晴天のハルシュタット以外はほとんど教会や大聖堂などの建築物と街並みです。あとは乗り物とホテルの部屋(笑)。食べたものやお店屋さんの写真はほとんどなく、自分の興味のありかが顕著に分りますね。

オーストリアから入りバスでウイーン、ハルシュタット、ザルツブルク、チェコのチェスキークルムロフ、テルチ、クトナーホラ、プラハを周り、音楽に関連ある場所は、ツアーの予定の合間にザルツブルクのモーツアルトの生家とプラハのドヴォルザーク記念館に行きました。あとはプラハの自由行動の夜にエステート劇場でひとりでバレエを観に行きました(チケットは前もってインターネットで購入)。

憧れの遠い場所に思っていた「ヨーロッパ」という漠然とした場所が、実際に行ってみるとそこが自分にとっての現実になり、嬉しいと感じたり、別に普通だなぁ~と思うところもありました。どこに行っても良くも悪くもわたしはわたしという当たり前のことも感じました。


017cfb1b0d909edbd782e0e238204dd125cd8f2d7f.jpg


ウイーンやザルツブルクでは人を乗せる観光用の馬車を見ましたが、これは地元のStieglというビールを運ぶ馬車。ザルツブルク祝祭劇場に並んで建つフェルゼンライトシューレ付近にて。左上の崖の上にホーエンザルツブルク城が見えます。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫