妄想ばかりが先行して

 2018-02-09
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。
いつも言っていただいていることですが、「外向きの愛想の良い、人が寄って来そうな良い香りの音で(^^)」と先生。

わたしが出す音は寂しめ&厳しめで、内向きな印象です。それは普段人に見せている自分とは少し違っているかもしれないけれど、本当の素の自分なのだろうな。自覚あります(笑)。出てくる音を変えるには、わたしの場合は自分の中身を変えるのが良いのではないかと思うのです。器用ではないので中身そのままであたたかい外向きな音を出すのは難しい…(^^;

厳しさの先にある美しさとか、精神的・知的な喜びが好みではあるけれど、この世に体を持って生まれたのだから、美味しいものを食べるとか、肌触りの良さやお風呂に入った時のホッとする感じ、そういう体感的な喜びにもっと心を開いていったらどうか?と最近思うようになりました。

今までも美味しいと思ったり暖かいとか気持ち良いとか、もちろん感じていたけれど、それをもっと積極的に楽しむ心のゆとりが生まれたら、出てくる音も変わってくるのではないかと思います。ヴァイオリンの音色のためだけでなく、わたし自身がそういうゆとりのある人になりたいなぁと、ようやくそういうことに心が向くようになりました。ちょっと、いろいろ頑張ることに少し疲れてきたというのもあるかな。

家でヴィブラートの練習をしながらイタリア絵画のふくよかな女性を思い浮かべたりして、またもや妄想先行な日々を過ごしていましたが、課題のほうがあまり上手く進まず、先回残したクロイツェル39番の終わりの方と40番は半分までしかできませんでした。ツィゴイネルワイゼンも練習はしていても、何か方法が間違っているのか練習が足りないだけなのか…という状況です。

妄想や理想ばかりが広がって、現実が置き去りにされていてはね…。わたし、このくらいの練習では全然足りないんだなぁ。と言いながら、週明けから旅行に出かけるので、ヴァイオリンの練習はしばらくお休みです。でも練習以上に、楽器を弾く上でもそれ以外でもわたしにとって良い影響があるだろうと思っています。

出かけるまでは練習できるので、忘れてしまうかもしれないけれどできるところまではやっておきます。


__ (6)

レッスンの後、ホッとした気持ちで見上げることが多かった樹たち。今はなくなってしまったけれど



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫