一区切りついたような気がします

 2017-12-30
27日に今年最後の仕事が終わり、翌日はたくさん寝てボーっと過ごし、昨日は神経内科の診察の日でした。今月は終わりの方はかなり疲れてしんどいな~と感じていた一方で、肩は相変わらす関節が離れ気味で装具をしているものの、疲れてもさらに悪くはなりませんでした。

ここには書きませんでしたが先月の終わりに久しぶりに神経の検査をしました。その時に、先生が「これなら良くなると思いますよ。」と言ったのです。「良くなる人もいるし悪くなる人もいる」「この病気は…ね。(難しい)」と言われてきたので、ついうっかりそんなことを言ってしまったのだろうと思って聞き流していました。

昨日改めて筋力や腱反射を診て検査の結果と合わせて「だんだん良くなっていくのではないかと思います。」と言われました。肩が脱臼しやすいことやリハビリの成果が出ていないことは自分が一番良く知っていて、どうなっていくのかな…と思ってはいるけれど、「良くなる」と言われたその言葉を選んで、そうなっていこうと思います。

久しぶりにヴァイオリンの練習を少しして、ツィゴイネルワイゼンの好きなフレーズも弾きました。先日ボスのマニアックなバレエの踊り方の話を聞いてから、ある人がわたしの頭の中でそのフレーズを踊るようになりました。その人だったらこんなふうに踊るに違いない。それをわたしはヴァイオリンで音にするんだ。楽譜に書いてあるアクセントも強弱も、全部その通りの踊りになっているから、ただそれを弾けばいいのです。

誰に教わったのでもないわたしだけのやり方だけど、ようやくそれが少しできる段階に来たのかもしれません。踊るように弾くというずっとやりたかったことが、これからできるようになっていきたい。

穴の中から少し明るいところへ出てきたような…。ああ、「トンネルから出てきた」というのはこの感じのことを言うのかもしれませんね。これまでと何かが大きく変わった訳ではないし、はっきりとした区切りがついたのでもないけれど、これが新しい段階の始まりだったら嬉しいです。



今年最後のレッスン

 2017-12-20
昨日は今年最後のヴァイオリンのレッスンでした。スケジュールをいろいろ考えて、普段と違う曜日・時間になりました。先生のお宅のドアの前に立ったら、中からツィゴイネルワイゼンが聴こえてきてドキッとしました。レッスンのために先生も練習されるのです。自分が練習不足で申し訳ないです。

今年の12月は忙しく、その合間を縫って練習はしていますが、基本練習だけで終わる日や課題もクロイツェルだけしかできない、ツィゴイネルワイゼンの一部しかできない日などが多いです。練習量が少ないのでヴィブラートの練習をしているだけで腕や手が疲れてしまう…。

十分な練習ができていないままレッスンに行くのはもういつものことになってしまっていますが、昨日は練習不足のわりには良い音が出ている、手も動いていると言っていただけました。なぜだろう…?良かったことはどうして?と考えずにただ「良かった」と思うことにしましょう(笑)。

クロイツェルは37番。重音が苦手で2つの音をきちんと出すことが難しいのでつい弓に力が入ってしまい、ギコッというつぶれた音になります。強く押したら両方とも音が出るというものではないのにね…。2回弾かせてもらい、とりあえず次は38番へ進みます。38番、コレを弾くの?とちょっと他人事に思うくらい(笑)上と下に音符が書いてある楽譜です。ん~、地道に解読します。

ツィゴイネルワイゼンは改めて最初から。最近ようやくこの曲を練習することに気後れがしなくなってきたように思います。もちろん全然できませんが、できないなりにもその気になって弾かなければこの曲らしくはなりません。

冒頭に出てくる2つ目のドのフェルマータの音、伸びるひとつの音の中でも変化があるということに今更ながら気が付きました。そうだ!もしこれに振り付けがあるとしたら、この音の中でいくつかの動きが入って最後はポーズで決まって終わるに違いないのです。そういう音を出すと考えると分りやすいと、自分で脳内変換しました。

年内のミッションがまたひとつ終わりました。過ぎたことを振り返るのはあまり得意ではないけれど、今年は調子がイマイチながらも2回ヴァイオリンの会をやり、イヤになったり楽しくなったりしながら、なんとかヴァイオリンを続けてこられました。いろいろあるけれど、わたしの日常の中でヴァイオリンは、いつでも何につけても考えていることです。

レッスンの前日の夜中、発作的にヴァイオリンを磨きたくなりました(笑)。出来栄えはいい感じ。

20171220202417cf8.jpeg

このおかげでレッスンで良い音が出たのかもしれません。



今月は「くるみ割り人形」ばかり

 2017-12-12
先週は5日間続きで劇場へ行っていました。

久しぶりにオーケストラが入る仕事でしたが、結局舞台袖にいるわたしには、モニタースピーカーからの音しか聞こえてこないんだよな~。自分の持ち場をやっていると音楽を聴く余裕がない時もあるけれど、生の演奏は毎日どこか少しずつ違います。興味があるのはピットの中でそれぞれの楽器が自主練している音。毎日必ず同じところを弾いている人がいて、「この人はここが心配なんだな~」とか、管楽器がハモッてパート練しているのとか、面白いです。

久しぶりにボス(裏方仕事の師匠)と一緒の仕事で、飲んだ席で(わたしはお茶ね、笑)バレエについてマニアックに語るのを聴きながら、自分の弾き方についてたくさん参考になることがありました。踊り方=弾き方(歌い方)なのです。わたしはやっぱりそう考えた方がしっくり来る。

5日間のうち、一日だけ帰宅してから消音機をつけて練習した日がありました。普段練習していても手が動かないのに、間があくとテキメン動かなくなります。また昨日から通常通りの練習をしていますが、まだまだ戻りません。先日と今日も、朝のラッシュ時に電車に乗ったら肩が外れて、それほど大変な感じではなかったし戻せばほとんど痛くも無いけれど、微妙な雰囲気です。

今月はたくさん仕事がありますが、ひとつの仕事を除き、あとは全部「くるみ割り人形」ですよ。日本人がそんなに「くるみ割り人形」を好きだとは思わないのだけど、クリスマスのお話しなのでやる側は好きなんでしょうね…。一番好きなバージョンが最初に終わってしまいました。

本当のクリスマスはもう少し先ですね。たまにはステキなクリスマスを過ごしてみたいなぁ~。



短い冬眠してました

 2017-12-02
かなりのんびり過ごしていたら12月になりました。予定のない日が数日続いて今日が何日なのか分からなくなったり、寒くて眠たくてお腹が空いて冬眠でもするのか?と思いましたが、あの時が冬眠中だったのかも。そろそろ忙しくなってきて短い冬眠は終わりました(笑)

気持ちも身体も前進したように思ったり、停滞、いえ後退したように感じたり。そういうことも全部、後から見たら進むために必要なことだったと思えるのだろうな、きっと。良いか悪いかは今は分らなくても、停滞しているのではなくいつも変化していきたいと思っています。

先月の終わりにはお気に入りの太田黒公園(荻窪)へ紅葉を見に行ったり、新しい服や靴を買ったりと、日常と少し違うこともしていました。わたしが思っている「わたし」を少しずつ更新していくために。「毎日新しく生まれ変わりたい」とか言っているわりに頑固で(笑)、なかなか自分に対する思い込みから抜け出てこないので。


IMG_6782.jpg  iPhoneで綺麗に撮れました。


今月は目の前のことをこなしていく日々になるかもしれませんが、その中でも新しい気づきや発見に敏感でいられたらと思います。「わたしが思うわたし」とは違うわたしにも出会ってみたいし、周りの人のいつもと違う面にも気付けるような日々にしたいです。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫