ひとり城めぐりツアー 名古屋城

 2017-09-15
お城めぐりの記事が続いております。そのうち新しくカテゴリーでも作ろうかな?(笑)最後は名古屋城についてです。

名鉄犬山駅から直通運転の電車で地下鉄上飯田線の平安通へ。名城線に乗り換え市役所という駅で降りました。名古屋には仕事で中日劇場と愛知県芸術文化センターに行ったことがあると思いますが、かなり昔のことで地理はさっぱり分りません。

駅から名古屋城へは、大相撲をやる愛知県体育館のそばを通り、東門がすぐ近くでした。これまでの岐阜城、犬山城とは規模が全く違うことはすぐに分ります。外国人の観光客も山ほどいます!入り口で500円の観覧券を買い、これで天守閣も本丸御殿も見られるようになっています。

まず、天守閣へ行く手前の、現在修復作業中で一部公開されている「本丸御殿」へ。

__ (5)


靴を脱いで下駄箱に入れて、カバンは前に抱えて(または預けて)見学します。新しい桧の良い香りがして、白木と金の襖絵や金具が光っていて豪華絢爛です。新しい文化財を守るため、フラッシュ撮影禁止、ボールペン使用禁止です。まだ修復工事中の部分があり、全部完成するのは来年くらいと書いてあったような気がします。


名古屋城といえば金のシャチホコ。スマホでは良く撮れない。これが限界です。

__ 2 (3)


名古屋城はどうして金のシャチホコなのか、現代的な博覧会チックな天守閣の中の展示を見ながら、名古屋城は尾張徳川家の権威を示す象徴なんだと分りました。(きっと誰でも知ってる、笑)。全体的に「どうだー!スゴイだろー!」という印象です(ホントは名古屋の言葉に変換したい)。


天守閣から外を見ました。これまで見たふたつのお城とは違い、窓から眺めることしかできません。

__ (4)


展望窓の上に貼ってある景色の解説図を見ながら岐阜城と犬山城を探しましたが肉眼では見えません。90分100円の望遠鏡で探したら、きっとあそこだろうという山の稜線は確認できました。

最後の目的を果たしてホッとしてちょっと疲れました(笑)。あまりあちこち行かないようにと思っていたのに、すごく頑張ってしまいました。これまで全く縁が無かったお城めぐりはとても面白かったです。地形や城下町や建築物など一口にお城と言っても範囲が広いのですが、わたしは天守閣から外を眺めるという城マニアになろうかな。


__ 1 (3)



今月に入ってからは毎週泊りがけで出かけていますが、明日からは急な仕事が入り新潟へ行きます。詳しいことはよく分らないのですが、今度はお城の近くではなさそうです(笑)。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫