ひとり城めぐりツアー 岐阜城

 2017-09-07
岐阜へ行ったら演奏会以外に行くところは?と考えた時に思いついたのが岐阜城でした。
愛知出身のヴァイオリンの先生には「それよりも名古屋城、犬山城が良いかもしれません(^^)」とお勧めいただいて岐阜城はやめようかと思ったのですが、泊まったところがお城や長良川のすぐ近くだったので、演奏会の翌日、お城3つを廻ることにしました。

ホテルを出て徒歩で川沿いから長良橋を渡り、橋の上から長良川に泊めてある鵜飼の船など眺めて、金華山のロープーウェイ乗り場へ。ロープーウェイに乗り5分ほどで山頂駅に着きました。岐阜城はさらに7分ほど登ったところにあり、ロープーウェイで降りたところが山頂なのかどうかは不明です。

ロープーウェイには他に同乗した人がいましたがお城へ向かって歩き始めたらやがてひとりに。周りがシンと静かになって「ああ、ここは…」と何だか空気が変わったような気がしました。体育会系をもっと荒々しくしたような雰囲気の男たち、汗と泥と伸びたヒゲ、血走った目、そんな人たちがここを通ったのだろうと想像してしまいました。(かなり妄想入ってます、笑)

金華山は元々は稲葉山・岐阜城は稲葉山城だったのを、450年前に織田信長が岐阜城・金華山と名を改めたそうで、信長以前から城はあり、主を何度も何度も入れ替えながら関が原の後に廃城になったとあります。明治に再建された天守は火災で焼け、今のは昭和31年に建てられた鉄筋コンクリートで、オリジナルの岐阜城とは違っているようです。

入場料200円で中に入ると、刀や槍、弓矢、手裏剣やまきびしなどが展示されていました。自分はアーチェリーで先の尖っていない安全な矢・紙の的しか使わなかったので戦の道具としての弓矢は恐ろしい感じがするし、室町時代作の刀は実践のために作られ使われたものだと思うと、また妄想が膨らんで気持ちがズーンと重くなってしまいました。

戦国時代の城だったというのを生々しく感じながら上へ上っていくと天守閣から外へ出られるようになっていました。出てみたら視界がワーッと開けて、それまでの重たい気持ちが吹き飛んでしまいました!周りに何も遮るものが無い329メートルからの眺めはとても気持ちがいいです。長良川、木曽川が見え、開けた平地の先に名古屋のビルが霞んで見えました。


__ (12)

天守閣から見た長良川。 iPhoneで撮影しても充分な景色です。


前日の9月4日まで夜間のライトアップをしていてお城から夜景が見られるとのことで、一瞬夜に来ようかとも思ったのですが、自分は昼間の景色の方が好きだろうと思ったのは正解でした。岐阜城は建物そのものよりもあの場所にあるということと天守閣からの眺めに大きな価値があるのだと感じました。

今回は積極的に乗り物を利用して楽しようと思っていたので往復ロープーウェイでしたが、山頂へは登山道があり歩いて楽しむこともできるようです。滞在時間はそれほど長くなかったけれど充分に楽しめました。行って良かったです。

ひとり城めぐりツアーは犬山城へ続きます。


クレーメルを聴きに岐阜へ

 2017-09-07
9月の最初の日曜日、ギドン・クレーメルの演奏会を聴きに岐阜に行きました。東京でも読売日本交響楽団との演奏が2回ありましたが、岐阜ではシャコンヌを弾くとのことでそちらが良いかな~と思って。入っていた予定が無くなったので行かれることになり、もし行かなかったら後から後悔するような気がしたのです。

クレーメルの演奏はサントリーホールで2回聴いたことがあります。
クレーメルの演奏を聴いた(2015年10月) 
クレーメルの演奏会(2016年6月)

岐阜へ行くのは初めてで、せっかくなので一泊することにしました。昼には岐阜に着き、会場のホールへはバスを利用するので岐阜バスの一日乗車券を買って、コンサートの前にバスを利用して市内を少し探検してご飯を食べてから向かいました。岐阜駅からバスで20分くらい、県庁の近くの静かな場所にあるサラマンカホールという会場です。


__ (9)    __ (11)



ホールは客席700ちょっとの長方形(シューボックス形式)にバルコニーがついています。大きいとも小さいとも言えない大きさ。どうしてそう思うのか上手く言えないけれど、そこで働く人にも地元の方にもきっと愛されているのだろうなと感じられるホールでした。正面のパイプオルガンがコンパクトで可愛い。


__ (10)
  


お目当てのシャコンヌは演奏会の最初でした。まだ場が落ち着いた雰囲気になる前にいきなりなので、何だかもったいないような気分です。ヴァイオリンを持ってクレーメルが登場すると、ホールの規模が違うせいか以前サントリーホールで見たときよりも大きく見える。ここまでやってきてクレーメルに会えるのは嬉しいな、なんて思った。

シャコンヌは録音では何度も聴いているけれど、演奏会という場で生の演奏を聴くのはたぶん初めてだと思います。それがクレーメルの演奏だなんて、とても幸せなことです。ホールのせいなのか?ワーッと迫る大迫力というのとは違っていますが、小さい音になると俄然クレーメルらしさを感じられ、音がシューッと飛んできて気持ちがが引きつけられます。
でもあっという間に終わってしまったように感じました。2曲目くらいに演奏してくれたらもう少し受け取る準備が整っていたかもしれないと思ったりして。

他にはヴァインベルグの無伴奏ヴァイオリンのための12の前奏曲(チェロの曲をクレーメルがヴァイオリンに編曲)、ヴァインベルグの組曲「子供のノート」第1巻作品16(ピアノ独奏)、シューマンのピアノ三重奏曲第3番ト短調作品110、アンコールにショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲2番2楽章でした。

クレーメルにとってこの日のメインはヴァインベルグの無伴奏なのだと、弾き始めてすぐに、いえ、演奏のために舞台に出てきた時からそう感じました。曲はずーっとピチカート、ずーっとフラジオレットのものもあり、モノローグのような印象でした。シューマンは予習して行ったこともあって置いてかれることなく聴けました(笑)。イスに座って弾くクレーメルは足が宙に浮いたりしてちゃんと座ってられない小学生みたい。楽しそうに弾いていて面白かったです。アンコールはとってもエキサイティングでした!

満席ではなかったけれど、お客さんはとても喜んでいたように見えて大きな拍手がかなり続きました。前の人が視界を遮るような体勢になったり、後ろの人が長い間鼻をすすっていたり「ん~、聴く人の緊張感が足りないんじゃないの?」とも思ったけれど、この拍手でチャラになったように思いました。

これまで聴いた演奏会のように感動した!とか、心をどこかへ持っていかれたということはなかったのですが、遠くまで聴きに行ったということにとても満足しました。帰りのバスに乗りながら、サントリーホールへ電車で30分で行かれるわたしはとても恵まれているんだなと改めて思いました。今回のように遠くから聴きに来るというのも楽しいけれど、それはそれで大変です。

普段、旅行というものに全然興味を感じておらず、仕事やアーチェリーの試合の遠征でひとりで出かけていく機会はあったけれど、自分の楽しみだけのために最初から最後まで一人で過ごすのは初めてです。クレーメルさん、こういう機会をありがとう(^^)。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫