楽譜を見た時の頭の使い方が…

 2017-06-06
今週はヴァイオリンのレッスンがありますが、凝りもせずに今またジタバタしています。
クロイツェルは2番から31番まで2巡したようです。順番通りにやらなかったこともあって実感がなく、ホントかな?と思って楽譜をパラパラしてみたら書き込みがありました(笑)。

次回からは32番以降の重音シリーズに突入です。で、その32番を練習していますが、左手で押さえることと右手の弓で確実に2本の弦を弾くことが困難です。久しぶりに「ギコッ!」とか「カスッ…」とか、悲しい感じの音ばかりします…。押さえる弦を間違えたり!、弾く弦を間違えたり!、最初のころからあまり進歩していません。

でも…、カイザー20番で苦労していた頃とは、楽譜を見た時の頭の使い方が少しだけ変わりました。変わったというか、普通に近付いた(笑)。前は楽譜を見ても何が何だか良くわからず弾いてた(だいたいこんな感じ…を曲の最後までやっていた)のが、上はソ下はミと、音名で考えられるようになりました。それを考えずにヴァイオリンを弾いていることが多いわたしです。自分でも不思議…。

あとは、前の音と次の音の指の関係が、時々だけど関連付けられるようになりました。そのまま隣の弦に指を移せばいいとか、そういうことです。何年も経って、ようやくそういうことを考えるようになりました。でももちろん全部はできないので、まだまだ「なんとなくたぶんこの辺…」というところに指を置いて弾いています。はぁ…。

こういうことを書き始めると、わたしは頭の中のどの部分を使って楽譜を見て曲を弾いているのか、本当に不思議になります。最初は楽譜を見ながら音と指の動きを覚えて、その後は覚えたことを思い出す手がかりとして楽譜を見ている。他の人でもそうなのかもしれませんが、わたしの場合はたぶん「覚える」の比率がとても大きく、だから少しやらないと忘れてしまって振り出しに戻ります。

この前「中丹田」という言葉を見つけたけれど、実際の練習はこんな調子なのでそれどころではなく、なんだかなぁ~…と残念です。このところ眠くなってしまうことが多くてあまり練習を頑張れないし、頑張ったとしても32番を1回練習すると小指がふにゃんとして力が入らなくなってしまいます。

でも、リハビリの成果がゆっくりでも出てきたのか、バレエもどきで身体を動かすことが良いのか、相棒くんのご機嫌がいいのか、ボーイングの練習をすると大きな音が出るようになってきています。身体を動かすと、気持ちが少し外向きになるような気がします。ボーイングの練習だけでなく、他のことでもそうやって弾けるようにしたいゾ。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫