忘れてしまう前に

 2017-06-30
先週の水曜日に「ダメだ…」と断念してからヴァイオリンを触っていませんでした。仕事で長いときには5日間くらい弾かない時もあるけれど、時間が取れないのと弾くことができないのは少し違っています。

でも、ケースを開けて相棒くんの顔を見るくらいしても良いよね?と、ようやくそんな気になって、昨夜久しぶりに対面しました。弓を持ってエアボーイング(?)を少し。それから右手で楽器を持ってあごの下に入れ、ネックを譜面台のヘリに乗せて、目に入る風景が普段の練習の時のようになった。相棒くん(ヴァイオリン)はやっぱり眺めているのではなくて、わたしの身体と密着してひとつになっているのが幸せです。

クロイツェル33番をせっかく解読したというのに、それっきりご無沙汰してしまって忘れかけています。普段練習していても前日にやったことを次の日には忘れているので無理もない。今ならまだゼロにはなっていないだろうから、なんとか記憶を繋ぎ止めたいけれど、音を出さないと思い出せないのが困る…。

クロイツェルどころかまずは音を出すところからやらないと。ヴァイオリンの練習を自分に課すことはプレッシャーにもなるけれど、わたしの前向きな意欲の一部でもあるのだな~と改めて感じています。結局のところ、そうやっているのが好きなんですよ。だんだんいつもの気持ちが戻って来て、今日は怪しい格好で楽器を持って音を出してみました。

もちろんおかしなことをしているので、音が良いとかどうとかいう次元ではないけれど、ヴァイオリンから音が出てくるとなんだかちょっと安心します。

わたしは疲れているとかお腹が空いたとか、そういうことに鈍感で、調子を崩してから気が付くことがよくあります。眠たいのはよく分るけれど、それでもなかなか寝ないし。今回の不調もそういうことかなと思います。はっきりしない天気で体が熱いのか冷えているのか分らない。暖かいミントティーを作ってミルクを入れたら幸せな気分になりました。やっぱり冷えてたのか。(笑)


__ (5)



一旦停止しています

 2017-06-27
先週はヴァイオリンのレッスンに行く予定でしたが手と肩の具合が思わしくなく、クロイツェル33番に加えて、身体が無理そうなことは「できません、大丈夫じゃないです」と言うことも課題にしよう(「無理そうなことがあったらおっしゃってください(^^)」と言っていただいているのにいつも大丈夫です!と言ってしまうので)と思ったのですが、ヴァイオリン弾くこと自体が難しくなってお休みさせていただきました。

そのまま家での練習も引き続きお休み中です。こうして空白ができてみると、いつも「練習しなくちゃ、課題を間に合わせなくちゃ」というプレッシャーをかなり感じていたのだなぁ、と分かりました。それがなくなるとボケーっとして変な感じ。

これまではどんな時でも、どうやったらヴァイオリンが弾けるかを考えていたのが、今回は少し動揺したのか一旦停止しました。あきらめとは違うのです。レッスン以外、演奏の予定などは無いからかもしれませんが、停止できたこともひとつの成果かな?

好ましく思えないできごとの中で面白く感じた瞬間を見つけてここに楽しく書く才能があることは、これまででよく分ったので、今度はそれをせずに淡々と過ごしてみるというのを新たな課題にしようと思っているところです。いままで自分を元気にするために書いていることが多かったけれど、それは心の中でやることにして、シンプルに感じたことや考えていることを書けたらいいなと思います。



いろいろやっていました

 2017-06-20
あっと言う間に日が経ってしまいました。舞台の裏方の仕事やバレエストレッチサークルの練習日や、ヴァイオリンの体験練習の合間に、自分のヴァイオリンの練習も地道にやっています。いずれにしてもわたしが関わっているジャンルは、いつでもまあ似たような色合いです(笑)。

この間いろいろ感じることがありましたが、書きかけたまま途中までになり新鮮さが無くなったので、忘却録的にいくつか。

・バレエのバーレッスン中に「愛おしい」という気持ちが湧いてきた。
 (自分の姿にではなく。ヴァイオリン弾きながらそう思うこともある)

・自分を拡張し続けて部屋を満たす。
 (バレエの自主練で言った言葉。後からヴァイオリンも同じだ!と思った)

・クラシックというものに関わる限り技術の追求はついて回る。でも技術って何だろう?
 (コンテンポラリーダンスを観ながら)

・芸術作品は観る人の心を映し出す鏡のようなもの
 
こんな感じです。何かをしながらいつもこんなことばかり考えているのだなぁ(笑)。

ヴァイオリンの練習は、隙間の時間にかなり頑張ったのだけど、昨日ようやくクロイツェル33番が最後まで解読できました。ああ~、時間が掛かりました。でもイヤだとは思わず(思う曲もあるので…)、面白いなぁと感じながら進められました。面白いけれど、どうしても少しずつしか進まない。この曲は2人で弾けばよいのに~と思ったり。それじゃ重音の練習にならないけど。(笑)

解読は終わったけれど、弾けるようにはなっていません。そして肩と手の調子が思わしくない。んんん…、レッスンのある週の始めはいつもこんなふうに心配な気持ちになるなぁ…。



ホッとする土曜日

 2017-06-10
今日は土曜日にしては珍しく、仕事も何の約束も無い一日です。家のこととヴァイオリンだけやってればいいのって、幸せです。

この前レッスンの後に左手がすっかり脱力してしまい慌てましたが、1日たったらそれなりに回復してまたなんとなく弾けるようになりました。しっかり押さえるというのはちょっと難しいけれど。でも「できません…」とは言いたくないのですよね。手もリハビリが必要ですね。

で、今日は課題の練習はさておき(←おい、コラ!)、ヴァイオリン体験練習中の明美さんと弾いた「Seek Ye First」という曲を、イメージトレーニング用に3パート重ねて録音してみました。原始的に録音を再生しながら一緒に弾いて…というのを繰り返したので音は良くないし、また音痴が発動して微妙な仕上がりになってしまいましたが、イメージトレーニング用だから。

わたしはクリスチャンでもないのに神さまに親しみを感じていて、この曲もそういった曲です。何にしても自分が安心感やよりどころを感じられるのならばそれでも良いのかなぁと思います。普段だったらダメ出しとツッコミで心穏やかに聴けないところだけど、曲のおかげか自分で弾いているわりにはなんだかマッタリとホッとするような…。

パソコンで再生していたら、そのアプリの中に「預言カフェ」という録音を見つけました。預言カフェというのは神さまから預かった伝言を伝えてくれるカフェです。気になる方は調べてね(笑)。まだヴァイオリンを始める前、2008年~2009年に渡っての3回分の預言の録音です。当時はたしか早稲田のお店でした。

賛美歌からの流れで預言カフェの録音とは、神さまは何か言いたい事が?いや、別に改めて特別なことではないと思いますが。3回分の伝言を久しぶりに聴いて思ったのは、わたしはそれなりに進んでいるんだということでした。当時はどうにもならないような苦しさが胸の中にあったように思います。今も自分の先のことが良く分からないことには変わりないけれど、前に比べて先を見渡した時には明るさが増していると感じられます。

自分に自信がないことや、自虐的・否定的に思うこともまだまだ残ってはいるけれど、それをわたしのほんの一部分として時には横に置くこともできるようになってきました。ちょっと大人になったかも(笑)。いや、もう相当大人なハズですが…。


__ 3  パソコンも携帯もミニバラだらけ


レッスンが終わり放心状態です

 2017-06-08
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

昨夜、練習が足りていないため夕飯を超簡単にしたにもかかわらず、まずは先にツィゴイネルワイゼンを…と、30分だけ練習したらどうしても眠たくなってしまい…。30分だけ…とアラームをセットして寝ましたら、そのまま朝に…。途中何度か気がついたけれど起きられませんでした。

今日はレッスン前になんとか32番をやらなくちゃ!と思ったけれど、考えてみれば一度弾いたら小指がふにゃん…なので、間を空けてもそんなに何度も弾けるわけではなかったのでした(笑)。先生が予想されてた程度にはなんとかできていたようで、次は33番へ進みます。(32番~の重音シリーズは弓は楽譜通りではなく簡単にして進めることになっています)

ツィゴイネルワイゼンを少しずつ見ていただいています。わたしはいつでも何を弾いてもそっけないアッサリした音になってしまうので、この曲はそうやって弾くのではないことは分かっていたつもりでしたが、ほんとにただの「つもり」だったと分りました。

先生は「人前で弾く時にここまでやるかは別として(^^)」と言いながら、アッサリし過ぎのわたしによく分るように、濃厚な熱い音でお手本を弾いてくれました。「ああ!ああ!そうですよね!うわぁ、すごい!でもほんとにそうですよね!」と思いながら聴きました。

で、そのように自分でもやってみるのですが、言われたように左手をしっかり押さえてヴィブラートを大きくかけようとするも、指や手がいうことを聞きません。それだけでなく、濃い~弾き方をしようと思っても気持ちがついていきません(あ、技術はもちろんですけど)。レッスンが終わったら、気持ちも左手も「・・・・・・・・・」という感じに放心状態でした。

今も引き続き「・・・・・・・・」な感じのままです。左手はなんとか文字は入力できますが、薬指と小指はもう今日は何もやりたくないと言ってますので、このへんで失礼します(笑)。


__ (2)



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫