こんなわたしで良かったら

 2017-03-05
自分の実態を隠さないキャンペーン中なので最後に一番出したくないヤツを…。ひとりSMがだんだんエスカレートしているような気がしますが(笑)。今回ジュディ・オングや「愛の賛歌」を弾きましたが、リクエストの曲を弾く前のウォーミングアップに弾いたのが「愛の挨拶」です。

普段は普通にクラシックのヴァイオリンの先生に教わって、カイザーやクロイッエルなどに亀の歩みながらも取り組んでいます。「愛の挨拶」は、ちょうど一年くらい前にわたしからやりたいとお願いして、レッスンの課題として練習していました。こういう曲を弾くとわたしの力量が顕著に分かりますが、これが実態なので仕方ないですね。

本当はピアノ伴奏つきで演奏するものをヴァイオリンだけで弾くのはどうかと思いますが。フラジオレットの部分ではメロディがなくなってしまうので、その旨聴いて下さる方に説明しました。わたしの頭の中ではピアノ伴奏が鳴っているのですけど(笑)。

音程がふにゃふにゃで船酔いしそうな感じなので、音を消して見た方が良いかもしれません。画像は自信があるということでは全くありませんが、わたしはどちらかというとエアヴァイオリニスト向きかもしれません(なんだ、それ?)。形だけ見たらそんなに下手そうには見えないような気がします(笑)。音はあまり聴かない方が良いかもしれない…(涙)。





これでも一年前よりは少し上達しているのではないか?と自分では思います。ヴァイオリンを弾く姿を録画することはあまりないけれど、以前より弓の動きが自然になっているような気がする。あまり書いていませんが新しい弓はとても使いやすく、そのおかげなのかもしれません。

このところ毎回拙い演奏の動画を載せてしまい、見てくださった方は本当にありがとうございました。頭の中は芸術的な妄想でいっぱいですが、実際に音にできるのはまだまだこの程度で、その落差に驚かれてしまったかもしれません。

自分のありのままの姿を隠していたら、こんなわたしを面白いと思ってくれる人たちに出会うことができないのだ、と思うようになりました。上手でもないのにシレーっとヴァイオリン弾いている姿を見ると、自分でも若干イラっとする時もあるので(笑)、そう思う方がいるだろうと思います。でもこんな姿が面白いと思っていただける方は、引き続き、ナマあたたかく見守っていてくださると嬉しいです。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫