練習も進歩もしている

 2016-11-25
なんとなく停滞期のように感じて長いこと経つような気がしていて、
練習の意欲が減っているのではないか…?とこの前も書いたのですが、
本当のところはどうなんだろう、と思ったりして。

初めの頃の、面白い、嬉しい、楽しいという気持ちから、
難しい、思うように弾けない、弾いても何だかなぁ…という気持ちが多くなってきてはいます。
気持ちはそうでも、練習をする時間の長さは
やることがだんだん難しくなってくるに従って、長くなってきています。

そうなんです!練習、やっているじゃないですか、わたし!
そういう客観的な評価をしてあげることを忘れますね、ひとりでやっていることだから。
確かに楽しい気持ちで弾いている割合は激減だけど。

舞台の裏方の仕事に行けば、何でもすぐにヴァイオリンのことに結びつけ、
この前みたいに合唱で歌えば、それもすぐにヴァイオリンを弾くことに結びつけ、
(ものすごくたくさん思うことがあったのです!)
結局、何かにつけヴァイオリンのことを考えているのです。

それが普通になったので、改めて感じないと良く分らなくなっているんだな。
ナンダカンダ言って、それなりにゆっくりでも進んでいるのではないかと思います。

どこに到達することを目標にして練習しているのか、今でも分かりません。
思うような音で好きな曲を弾きたいとは思うけれど、
取り組んでみてもガッカリするばかりで、実現するにはまだまだ長い道のり…。

ふと思いついて練習の最後に、一年前に教会で弾いた「The First Noel」を弾いてみました。
そうしたら気持ちがすーっと静かになって、そういうこと全部どこかへ消えてしまった。
ヴァイオリンを弾いてこんな気持になれる、これ以上のことはいらないかもしれません。

しばらく弾いていなかったし、相変わらず音痴なところもあるけれど、
前に難しかった最後の一音を静かに弾くのが、少しできるようになっていました。
そこが一番幸せを感じるところなのです、わたし。

それは難しいことをチマチマと練習している成果なんですよね。
分かっているの。だから練習しますよ。


__ (4)  練習を聴いてくれるお友だち



久しぶりにお金磨きイベントです

 2016-11-22
チマチマと地味な生活に戻っても、いろいろなネタが胸の中にあるわたしです。
先日こんな集まりで初めてお会いした方がお金磨きをご存知で、
「お金磨きやってみたいですー!」という声についその気になり、
お金磨きのイベントを開くことにしました!

お金磨きの動画の再生回数が1万回を越えており、
それが多いか少ないかは分らないけれど、何かイベントをやりたいと思っていたところ、
背中を押してもらいました。ありがとうございます。


「動画再生1万回記念!お金磨きイベント」

2016年12月6日(火) 15時30分~18時30分

会場 : レンタルスペース「マグノリアのカエル」

     東京メトロ丸ノ内線・四谷三丁目3番出口より徒歩3分 (3番出口は現在閉鎖中でした)
     JR四谷駅赤坂口より徒歩7分  地図は コチラ です

※ 下記に道順を追記しました。(12月5日)

皆さまに愛されております「お金を磨こう!」の動画が1万回再生を超えました。
ありがとうございます!




感謝をこめて久しぶりにお金磨きイベントを企画しました。

全コーナー無料、出入り自由、冷やかし歓迎、カンパ大歓迎 (貯金箱設置します、笑)
どなたでもお気軽に、ぜひぜひ遊びに来てください!

☆お金磨きコーナー 
ご自分のお財布の中のお金を磨いてみてください。やり方伝授いたします。
初詣用のお賽銭を磨くと良いかも。家の鍵を磨くのも気持ちが良いよ。

☆磨いた5円玉両替コーナー   なくなり次第終了。

☆あればラッキー同い年の5円玉コーナー   あったらどうぞ。磨くとなお良しです。

気が向いたら曲にのせて「お金を磨こう!」動画の実演ありかも。
みなさまのご来場、お待ちしています♪


~ お金磨きこれまでのあゆみ ~

2010年8月  やすらぎの部屋 サマーミーティングにて初出店

2012年1月 お金磨き動画「お金を磨こう!」公開

2012年~  シルバーアーチ、スマイルカフェ、タイムバンクスマーケット、
みんなのおもちゃ箱、セラピールーム Heaven&Earth など、各地のイベントに参加。

2015年4月 第1回「お金磨きとお金の話」開催
2015年6月 第2回「お金磨きとお金の話」開催



こうして書き出してみると、結構積み上げてきた実績が(笑)。

ただ面白いから、お金がキレイになって嬉しいからと、
初めは自分ひとりで思いついて始めたことが、いつの間にか育っていました。
お金磨きを面白いと思ってくださったマニアックな皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

マニアックな皆さま方のご来場、お待ちしております♪


~ 会場へのご案内です ~ (12月5日 追記)

四谷三丁目駅からの道順です。

最寄の出口3はエレベーター工事で閉鎖中です。
出口1か4から出ていただき、宝くじ売り場がある方へ横断歩道を渡ってください。

__ 4

宝くじ売り場を右に見ながら道を直進(四谷方向)。
サンクス、トラック総合会館を通り過ぎしばらく行くと、
手前にkinko'sがある交差点(左を見ると「津之守坂入口」とある)に出ます。

__ 3

横断歩道の先の白い建物の右隣、坂の途中の茶色い細長いビルの1階が会場です。

__ 2


__ 1



ご来場、おまちしています~!



バレエのお茶会やりました♪

 2016-11-19
昨日は、新しい試み「バレエのお茶会」でした。

バレエを観たことがない方、発表会を観たことがある方、バレエを習ったことがある方など、
バレエとの関わりがさまざまな方たちと一緒に、
美味しいフルーツのデザートやランチをいただきながら楽しい時間を過ごしました。


15133830_918222394975856_139107794_o.jpg  ケーキの集合写真(笑)


バレエだけではなく、他の踊りをする方や楽器の経験がある方ばかりで
集まる人は似たもの同志なんだな~と面白く感じます。

そういうメンバーだったので、バレエと他の踊りとの比較から、
西洋の文化と日本の文化の違いのお話しや(日本の楽器・踊りの経験がある方がいました)
習い事あるある(笑)など、かなりマニアックなお話しで盛り上がりました。

お茶会ということで、わたしがバレエについて知識を教えるというのでなく、
集まった人の経験や興味で話題が膨らんでいき、
予想外のところでお話しが繋がっていくようなこともあって面白いです。

ヒントラボTVでお世話になっているいとう明美さんに、バレエの舞台について
「(舞台の裏で働く)お仕事の観点から、観てもらいたいのはどんなところですか?」と聞かれ
「踊りを見て欲しい。踊りを見ていて気が付いたら場面やセットが変わっていた、
と気が付くのが、ヨーシッ!(ガッツポーズ)と嬉しくなること。」と答えていました。

そう言いながら、自分の中にバレエの舞台や裏方の仕事に対する愛があることに
改めて気が付きました。まあ、そりゃそうなのだけど、すぐに忘れるので。
ありがとうございます。

ご参加の中にバレエの経験者でチェロを弾く方がいました!!!
めちゃくちゃ親近感を覚えます。嬉しいです。
いつか演奏しましょうと妄想が膨らんで…。実現できるように上達しなくちゃー!

バレエのお茶会は面白いのでまたやります。1月くらいにしようかな。
来月にはバレエの公演を初めての方と観に行くことになっているので、
その時のお話などもできたらなと思っています。




レッスンは好きなのです

 2016-11-17
今日はヴァイオリンのレッスンでした。
普段は2週間に一度通っていますが、
仕事の予定が入り一回キャンセルさせていただいたので4週間ぶりです。

2週間でも4週間あっても、レッスンの直前にバタバタするのは変わりません。なぜ??
この1ヶ月はあれやこれやとイベント続きだったことを考えても…です。

毎回毎回、レッスンの数日前に「本当にわたし、ついに終わった…」と
青ざめるのを通り越して白くなるのです。
今回もそうだったけれど、その後頑張って毎回なんとかレッスンに間に合います。
(間に合っていない部分も若干あるけれど)

前回から持ち越しのクロイツェル7番は結局今日も音程が定まらない…。
弾き始めてすぐにそれを聴いた先生が「チューニングが狂っているのでは?(^^)」と。
…いえ、違うのです。
先生の信頼を裏切る音痴でスミマセン…。

移弦のたびに音がずれるのは肩が定まっていないからかも?と家での練習で気が付いたけれど、
それを意識すると肘までが固定されて、移弦に合わせて肘を動かすことができません。

一巡目のクロイツェル23番は楽譜の細かさに拒絶反応が出て、
しばらく苦しんでいましたが、拡大コピーをしたら少し良くなりました。
それでも細かくて普段の鉛筆では書き込めなかったけれど。

全音符のあとに細かい音符がズラーっと続いて、これは???
コピーはしたが、改めて見るとリズムやテンポが分らない。
(23番はカデンツァの練習らしく、リズムやテンポは自由度が高い曲のようです)
先回先生が少しお手本を弾いてくださったときにはそういうことに気が付かなかった。

改めて解説をしていただいて、なんとか最後まで弾きました。
楽譜通りの弓では難しいので途中で返しながらです。

今回から始めた新しい曲についてはまた今度。

課題はなかなか進まないけれどレッスンには行きたい。
どうしてくれようこの矛盾…。いえ、ただ計画的に課題を進めればいいだけのことなのです。
今度こそそれをやるのだと、毎回レッスンの度に思うのでした。

約一ヶ月ぶりにレッスンへ行って、やっぱりレッスンは好きだなと思う。
課題が一段落してホッとしているレッスンの日の夜です。


__ (3)



わたしがわたしの先生に

 2016-11-16
このところ人前でヴァイオリンを弾くとか歌うとか、派手な活動が続いていましたが、
わたしの日常は変わりなくチマチマとして地味なものです。

そう、今日はグチモードです。(※閲覧注意!!)

色々な行事の合間を縫って、(先日は母のリクエストでまた温泉旅行に行きました)
細切れながらも、ヴァイオリンのレッスンの課題を練習しています。
してはいますが楽譜を読むのがなかなか進まず、
今までとちょっと違うだけでさっぱり理解できなくなり…。
できないというより「こんなの分らないー!」と拒絶反応が出て分ろうとする努力を怠る。

そうやって足踏みをしたまま時間が過ぎていきます。
先回から持ち越しのクロイッエル7番も、
前日できたことが次の日にできなくなる…、それを前の日の段階まで戻す。
時々練習の間が開いてしまうとまたできなくなる…の繰り返しです。

日常的には左手の調子が悪いとは感じていないのに、
ヴァイオリンを弾くと小指がピキッと伸びたままになったり指が開きにくくなったりします。
指もだけど頭が動いていないような感じもあります。

いろいろと活動はしていながらも、春ごろからずっと停滞期のように感じています。
停滞期と名付けるとそうなってしまうそうで好きじゃないけれど。
練習の意欲が前よりも減っている。認めたくないけれどそうなのです。

レッスンの課題をなんとか終わらせても、また次の課題がやってくる。
苦痛にも感じる終わりのないこの繰り返しはいつまで続くのだろう…?と思う。
そんなこと言っても、ヴァイオリン始めてからずーっとやってきたことです。
今更思うことでもない。

毎日ご飯を食べなければいけない、これはいつまで続くのか?と悩んだりしないよね。
掃除とか洗濯とか、ちょっと面倒くさいことも、
一生続けなければならないのかー!!と悩んだりしない。
ヴァイオリンの練習も、それくらいわたしにとって当たり前で必要なことだと思いたい。

できない自分を責めてもいじめても、何にもならない。
そんな自分をバッサリ切って敗北感を感じさせても、元気がなくなるだけなんだ。
優しく教えさとして、励まして、ちょっとでも頑張ったら褒めてあげて、
上手にわたしが練習できるようにしてあげるのが大事なのです。

わたしがわたしの良い先生になって、自分を見捨てないようにしてあげなくちゃ。
未熟な先生でゴメンネ。いやいや、未熟な生徒でゴメンネ。(笑)
いつもこのくらい優しく自分と付き合いたいですね。

余裕かましている場合ではなく、明日はレッスンなのでみほ先生よろしく頼みます。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫