FC2ブログ

「嬉しい体験」という言葉でもまだ足りない

 2016-11-15
先週の土曜日、高校の同窓会の合唱祭がありました。

わたしの好きな、客席1000人規模の大ホールで歌いました。
やっぱりそのくらいのホールはホームグラウンドだと感じるんだよな。
緊張したけれどそれよりも同期の皆で歌えることがとっても嬉しくて
歌いながら「幸せだなぁ…」と感じる瞬間が何度もありました。

夏の終わりから6回の練習、7回目が本番というスケジュール、
ほとんどのメンバーが合唱は30年ぶりというなかで、
ちょっと難しいかも…と思った曲を、でも歌いたい!と選んで盛り上がって。

半数くらいが2、3回しか練習に参加できない状況でしたが、
メーリングリストを駆使して情報を共有し、各自で練習をして、
参加16チームの中、優勝狙いの先輩を差し置いて、なんと本当に優勝してしまいました!

こんなことがあるんだねー!と自分たちで驚いています。
なんとか入賞して、再演でもう一度歌いたいよね、と言っていたのだから。

先輩たちに比べて技術的に未熟なところもあるのは分かっています。
優勝狙いの先輩たちは突っ込みどころのない、隙のない演奏だったし。
自分たちの技術は完璧ではなかったかもしれないけれど、
まとまりや迫力が勝っていたのかなと思います。
だぶんわたしだけじゃなく、全員が歌いながら嬉しさを感じていたのではと思います。
そういうのは、聞いている人に伝わらないはずがない。

事務的なことや準備が必要なことを
あれよあれよという間に自然に分担してことが進んで行って、できることをできる人がやり、
(しないという役割も含めて)それぞれの役割を果たすという素晴らしいチームワークでした。

わたしは普段からヴァイオリンのレッスン用のICレコーダーがカバンに入っているので
練習を録音してアップするようになり、
本番もこっそり録音していました。(書いていいのか…?)
ビデオを隠し撮りする人もいて、たくさん写真を撮ってくれる人もいて、
終わってからもそれを見たり聞いたりして、数日ぼーっと過ごしていました。

あまりにもダイナミックに心が動かされる体験をすると、しばらく黙ってしまうのだなぁ…。
歌ったのが気持ち良かった、優勝した、ということよりも、
この体験を同期の人たちと共有できたことが何より幸せです。
数ヶ月前から本番までの歌の上達や気持ちの変化は、ドラマティックでした。

嬉しい体験ができる予感はあったけれど、予想を上回る事態になりました(笑)。
合唱祭は毎年開催ではなさそうですが、またぜひ歌ってみたいと思います。


__ (2)  このTシャツを着ているのがちょっと誇らしかった



ふたりはそういう仲だから

 2016-11-09
先日のライブは浮揚真奈美さんと、
昨年わたしが「やりたいことをやるために生まれてきたから 朗読とヴァイオリンの会」
でご一緒したリキタケカズヨ(木下沢きのこ)さんとのコラボライブでした。

以前からライブもやっていたカズヨさんですが、最近歌うことに目覚め
「今までの自分はなんだったのだ!?」と
どこかの誰か(←わたし、笑)みたいなことを言いながら練習しているらしいです。

本番では1曲歌ってすぐに「楽しい~♪」と言っていて、ん~、そこはヴァイオリンとの違いか?
羨ましいな~と感じます。

カズヨさんの歌にダンナさんがギターを弾く曲が数曲あって、
2歳の娘、ユイさんも会場に来ているので、生まれる前からの友達であるわたしがお相手を。

親たちがリハーサルしている時に、ユイさんと手をつないで舞台のところへ。
「あのね、ユイさん。ここ、乗ってもいいよ。乗ってみたいでしょ?」
わたしが許可を出したら大手を振って舞台に乗っかってもいいのですよ。
(だってわたし、そういう仕事の人だから)

ユイさん、ちょっと考えてたみたいだけど、わたしがヒョイと舞台に乗せた。
ふふふふ…。絶対に好きだと思うから。

本番中もパパさんが舞台にいる時はわたしがユイさんと一緒にいて、
パパが戻ってくるとそちらへ。
そして再びパパさんが舞台へ行こうとすると、ユイさんが泣き出しました。

まあ、一応わたしがユイさんを預かるような格好になるけれど、
コレは合図だな…と思って(笑)、
預かる気も泣き止ませる気もさらさらないわたしは、舞台上の母カズヨちゃんにユイパス。

家ではママもパパもユイさんも一緒に練習(?)してるのに、
本番はパパとママだけなんて、ずるーい!と思うのが普通です。
ユイさんは2歳にしてライブハウスのマイクで「こんにちは~」としゃべりました。

「やりたいことをやるために生まれてきたから」
わたしとユイさんはそういう仲なんです。お互いにやりたいことに許可を出し合うんだ。
7月のヴァイオリンシェア会で「そうやって弾けばいいんだよ~♪」と
わたしのヴァイオリンに合わせてクルクル踊ってくれたユイさん。

ライブハウスを出る時に、一緒に居たパパさんの手がふさがっていたので
わたしがユイさんと手をつないで階段を上りました。
まだ2歳のユイさん、一段ずつ上がるのかと思ったら、
大人のように足を交互に出して、頑張って全部上りました。

「いつもはそんなふうに上らないよ。ユイ、すごいね~。」とパパ&ママ。
ほう、これはわたしへのお礼かな?(笑)
バイバーイ!と手をタッチして別れました。

ユイさん、また遊ぼうね♪


ライブに馴染んできた

 2016-11-07
昨日はライブの日。
これまで何度かご一緒させていただいている浮揚真奈美さんの
「旅路の花よ」という曲でヴァイオリンを弾かせてもらいました。

14957956_1185987114822196_285813360_o.jpg


この曲を弾かせてもらうのは3回目、ライブハウスも3回目です。
曲にも馴染んできて、ライブハウスというのがどんな場所なのか少し分かってきて、
初めての時よりもワタワタとしなくなって来たように思います。

衣裳の打ち合わせをしなくても、何となく合っているのも馴染んだ証拠?!

初めての時には舞台の上で待っている時に、
緊張の手汗で指がニュルニュルになりながら「助けてくださいー!」という気持ちだったけれど
今では「またこうやって弾かせてもらうことが嬉しいな」と思えるようになりました。

もちろん緊張はしているのだけど、そんなこと舞台の上で思えるなんてね。
家での練習でもリハの音を最初からかけて待つ練習をしていて、
その時にも同じような気持ちになっていたので、練習の成果とも言えます(笑)。

肝心の間奏部分は練習と同じようには弾けなかったと思うけれど、
「2度あることは3度ある」というほど悪くは無かったと思います。
録音していないので、実際はどうだったかな…?
でも、曲の最後の部分は、ようやく今までよりは良くできたと思っています。

今回はマイクを使わなかったのですが、自分の音はちゃんと聴こえて
ストレスは全くありませんでした。お客さんにもたぶん聴こえていたはず。

浮揚さんのカッコ良さ・歌の迫力は言うまでもないのですが、
歌と共に言葉がものすごく伝わってくる。ドラマチックです。
ミュージカルソングが好きで得意としているというのはこういうことなのだな~と改めて感じました。
安達さんのピアノの天才ぶりはもちろん抜群の安定感です。

そんなお二人と共演させてもらえるのはビビリますが(笑)、
終わってから「またお願いします。」と言ってもらえて、ホッとしました。

わたしの出番は少しなので、他にできること、気がついたことをさせてもらい、
そうこともわたしの楽しいこと、好きなことなのだな~と改めて思いました。
表方も裏方も出演者もできる!?

ライブの終わり方が、わたし的には何となくスッキリしなくて、
終演のご案内が必要か?と思ったけれどそれはやめました(笑)。
照明の操作でもうちょっと良い感じに終われたのでは?とか、余計なことを思います。

今回のライブは、浮揚真奈美さんとリキタケカズヨ(木下沢きのこ)さんのコラボライブでした。
ということで、ライブのお話しは続きます~。



ライブ再び

 2016-11-02
このところお知らせが続いていますが、今日もお知らせです。

リキタケカズヨ&浮揚真奈美ライブ 『だいすきなものたち』

日時:11月6日(日)13時スタート(会場は12時30分)
場所:北参道ストロボカフェ
(副都心線北参道駅から徒歩1分、JR代々木駅から徒歩7分)
チャージ:2000円+1ドリンク代 
http://www.strobe-cafe.com/kitasando/schedule/2016/11/201611060.html
お子様連れOK。当日ふら~っとお越しいただいても大丈夫です。

わたしは浮揚真奈美さんの歌う曲の中でヴァイオリンの間奏を弾きます。

一昨年の秋、初めてライブハウスという場所でヴァイオリンを弾く機会をいただきました。
そのライブのために作られた1曲の中の間奏が担当でした。
浮揚真奈美さんが作詞、ソングレターアーティストの安達充さんと作曲した曲です。

その時のこと→「昨日はライブでした」
その近辺にグジグジといろいろ書いた記事があります(笑)

今年の2月に、浮揚さんがご自身のライブでその曲を歌うということで声をかけていただきました。
その時のことはこちら→「ライブ終わりました(^^)」 その近辺に…以下同文。

そして今度は浮揚さんと、木下沢きのこ改めリキタケカズヨさんがコラボでライブをするということで、
またあの曲を弾かせてもらうことになりました。
今まで本番で上手く弾けたと思えたことはなく、
それなのに、この曲を歌う時にはわたしに声をかけてくださりありがとうございます。
今度こそ3度目の正直、ちゃんと思うような演奏ができたらと思っています。

これから本番まであまり練習ができないかもしれないという恐ろしいスケジュールなので、
できる時に、壊れたレコードみたいに何度も何度も同じところを弾いています。
フィンガリングを見直して、でもやっぱり戻して…、
これまでの経験から自分がやらかしそうなことや危ないところが予想できるので、何とか回避したい。

浮揚さんは、どの本番でも「楽しかった!気持ちよかった~!」と言います。
すごいのです、カッコいい♪
あ~、わたしもそんなふうに言ってみたい。

先日浮揚さんとピアノの安達さんとのリハで合わせたら
「あ~、この曲いいわぁ~、なんか自分も馴染んでるわぁ~」と感じました。
間奏の前の部分でいい気分になっちゃうと、その後テンポに乗れず危ないんだ…。

夜中に練習するか早朝練習か、エアヴァイオリンか…。
3度目の正直、3度目の正直…。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫