ヒントラボTVでバレエのお話しをしました

 2016-10-31
以前、「ぐるぐる思考を愛してみよう」というテーマでヴァイオリンを弾く苦悩(笑)について
お話しさせてもらったことのある いとう明美さん のUstream放送に再び参加させていただきました。
(1回目の時の様子は こちら です)

今回は 「クラシックバレエって素人の私でも楽しめますか?」 という内容です。
クリックするとヒントラボのページへ飛びます。↑

バレエのお話しをということで、当初は何を話したらいいかなぁ~と考えていたのですが、
画面にバレエっぽい絵があったら良いんじゃない?とかBGMがあったら楽しいかも…と
考えるうちにすっかりその気になってきました。(笑)



セッティングもイソイソと済ませ完璧を期したはずが、
機材トラブルでバックアップの画像を使っているので若干画が曲がっていますね。

眠れる森の美女の「花のワルツ」をBGMにゴキゲンに始まっています。
前回の苦悩バージョンとは違い、とってもじょう舌です(笑)。
冒頭はお茶会などの告知で、本編は7分後くらいからです。
(告知もけっこう面白いです←自分で言う)
今回はヴァイオリンを弾くところはありませんのであしからず。(笑)

「バレエを観に行く時には物語を予習していった方が楽しめます」とか、
「初めて観るには何がお勧めか」とか、
ためになりそうなことも一応話していますが、
バレエの物語りについて聞かれ
「登場する王子さまはだいだいしょうもない人で、二股かけたり、だまされちゃったり…」
と、身もフタもないようなこともしゃべってます(笑)。

「白鳥の湖」の情景の曲でひとり妄想の世界に行ってしまったり、
「シンデレラ」の中で好きな場面は?と聞かれ、
自分がシンデレラの気持ちになって解説を始めたり…。
かなり好き勝手をやっています。

バックアップ画面は48分で突然終わってしまっているのですが、
収録できていないその後のところで、バレエを劇場で観る際のポイントなど
役に立ちそうなことを話していました…、残念。

続きは「バレエのお茶会」でお話ししますね。(あら、宣伝上手、笑)
バレエのお茶会についてはこちらへ。「バレエのお茶会」やります♪



「バレエのお茶会」やります♪

 2016-10-29
バレエを観てみたいけれど、よく知らないのでどうしたらいいか分からない…、
というのを聞いたことがあって、
そういうことなら、自分の知識や経験がとっても役に立つな~!と思い、
初めてバレエを観る方たちと一緒に、劇場へ行くことになりました。

その流れから、今回一緒に観に行かなくても、
バレエに興味のある人に劇場へ足を運んでもらうキッカケになれば良いなと
「バレエのお茶会」を開くことにしました。

バレエってどういうもの?初めての人にお勧めの演目は?
劇場に何を着て行ったらいいの?…など、何でもお答えします。

もともと知らないことは何を質問したらいいかも分からないと思うので、
わたしが勝手にレクチャーするかもしれません(笑)。


「バレエのお茶会」

日 時 : 2016年11月18日(金) 14時~16時 
場 所 : 都内 果物のデザートが美味しいカフェ
      (詳細はお申し込みの方にお知らせいたします)   
参加費 : 2000円 (別途ご飲食代が掛かります)   

お申込み方法 : お問合せフォームからお願いいたします。 → お問合せフォーム
        ※お問合わせ内容に「バレエのお茶会参加希望」と
         当日ご連絡の取れるお電話番号をご記入ください。
    
         お申込みの受け付けは 11月17日22時 までとさせていただきます。
        ※ 楽しく終了しました。ありがとうございました。(11月18日追記)

初めての試みなので(いつもそればっかりだけど、笑)、
気負わず気軽に楽しくやりたいと思っています。

で、ですね、それに先立って先日ヒントラボTVでバレエについておしゃべりして来ました!
それについてはまた改めて。



80歳のお誕生会

 2016-10-29
一昨日、素敵なフラを踊る友人のよりちゃんのお母さまとわたしの母の
80歳の傘寿のお誕生会を開きました。
これまでの経緯はこちら 「フラと歌とヴァイオリン」 「準備いろいろ」

わたしたち娘の友人、知人などがお祝いに集まってくださり、
歌あり踊りあり、ヴァイオリンもちょっとありの素敵な会になりました。

2つのバースデーケーキにロウソクを立ててフーっと。

14900619_1099092616871994_8716366006677336167_n.jpg

手前が母とわたし。ポーズが似てる…。

2年前、フラを踊ったことのないよりちゃんのお母さまが
大好きな曲を80歳のお誕生日に踊りたいとおっしゃったのが、ことの始まりだそうです。
よりちゃんと妹さんと、そのお仲間たちに囲まれ、
柔らかい笑顔で晴れの舞をご披露くださいました。ほんとに素敵だった。
よりちゃんの踊りから感じるのと同じものを、お母さまの踊りから感じました。
(わたしの踊りを観る目は確かなもので、これはお世辞じゃないのです)

よりちゃんの歌とフラ&わたしのヴァイオリンの曲は
震える声と震える弓で聴く人を心配させたかもしれないけれど
ひとつ目の小さな花をつけることができたかなと思います。

14858792_699760000174974_1261066753_o.jpg


わたしは母に向けて、母が好きな「ゴンドラの唄」を弾きました。
命短し恋せよ乙女…って、長寿のお祝いの席にアレですが(笑)。
間違えはしなかったけれどいつもの感じで余裕無く、アップアップしながら弾きました。
母は踊りはできないので、手作りの焼き菓子と二人で作った味噌を持参しました。

来てくださった方たちが踊りや歌や朗読を披露してくださったり、
お花やお菓子やプレゼントをいただいたり。
窓の外が暗くなるまで集いました。

わたしとふたりの時とは少し違う母の姿。
母にも今まで知らないわたしの姿が見えたかもしれません。

お祝いに来てくれた友人たちは、
それぞれのお母さんに思いを馳せたり、歳を取るのが楽しみになったと言ってくれたり、
お祝いに来たはずが、こちらがたくさんのものを受け取ったと言ってくださいました。

母は娘にこんな素敵な人たちの繋がりがあることを喜んで、
歌や踊りにものすごく感激して「自分も踊りたくなった」と言い出し、
来た時よりも10歳くらい若返って、目をキラキラさせて帰って行きました。

母が元気でこうしたお祝いの会をさせてもらえること、
娘でいさせてもらえることをありがたく感じました。
今まで当たり前のように思っていて気がつかなかった。

これからは音信普通の娘に戻らないように、定期的に会いに行こうと改めて思いました。



準備いろいろ

 2016-10-26
明日は母たちのお誕生会です。
いろいろ内容を詰めていくと、母たちのお誕生会と言いながら
なんとなく「娘たちのお楽しみ会」みたいだね~、という様相になってきているような?
プログラムをザックリ決めたけど、お楽しみがほんとにたくさん♪

しかしながらいつも音信不通気味の娘としては、
こんな時だけ「母のために」というのは微妙な感じもあるので、お楽しみ会で良いかも。

わたしはフラのよりちゃんと一緒に愛しい曲と、
母へ向けて1曲、ひとりで弾くことになっています。
お客さんに見て聴いていただくための踊り、演奏というのではなく、
自分たちがただやってみたいから、というものなので失敗というのはありません。
やる時点で、もう成功だから(^^)。

いつでもこんな気持ちでできたらいいな。
何で他の時はこういう気持ちでできないのだろう。(笑)
いざ本番になったら、また思うことが違うかもしれないけれど。

母が着るものがない…というので、若干悩みながら服を選んだり、
(買ってきて~と言われても、本人がいないところで選ぶのは難しいのです)
その他こまごまとしたことを決めたり。

そういえば、わたしは母と一緒に人前に出るようなことはこれまでありませんでした。
その昔、いわゆる結婚式というのはやらなかったし。
(ドレスを着て写真を撮って、パーティーもしたけど)
なので、「母です~」とやるのが嬉しいような恥ずかしいような。

これから来月にかけていくつか計画があって(笑)、今ちょっと忙しくなっています。
ヴァイオリンも他のことも、ずーっと停滞期のように感じているけれど、
計画や演奏の機会があると、少し前に進んでいるんだと感じられますね。

明日は、お楽しみ会 お誕生会、楽しんできます。


___2016102617403895b.jpg  母の家のまわりに咲いているコスモス



自分が操縦不能になってビックリ

 2016-10-20
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

その前に髪を切る予約を入れてあったのですが、時間を間違えた!!
そんなことでとても動揺して、練習できる時間も短くなってしまって、
家で弾き始めたら、楽譜を見ても頭が動かない=真っ白、フリーズ状態に。

クロイツェル31番も7番も、昨日まで問題に思っていなかった箇所で?と止まる。
本番前に緊張で何も手につかない時のよう。
「どうしよう!これじゃレッスンに行っても何もできない!!」とアワアワ。

午前中には乗ろうと思った電車の発車時刻前なのに、
その電車は来なくて次の電車まで待たされたり。
時刻表が変わったのか、わたしの検索が間違ったのか…?
自分だけ違う次元に放り込まれたような気がしました。

何がきっかけなのか良くわからないけれど、自分が操縦不能になった気分です。
どれも大した事じゃないのに変なスイッチが入ってしまって、こんな自分にビックリしました。

レッスンの時には少し持ち直したけれど、まだおかしいので先生にお話ししました。
「そういう時は、ジョギングするような感じでまずは動けば良いという程度で(^^)」
受け答えは普通にできるけれど、最後まで様子が変な人のまま終わりました。

クロイツェル31番(大変でした)、2巡目の7番(これは次回もやります)、
白鳥の湖のグラン・アダージョの最終回、どれも思うようには弾けず…。
グラン・アダージョ、好きなのに今の段階ではこのくらいまでしか弾けないです。

それでもお借りした先生の楽器(仕上げ演奏の時に貸してくださることがあります)と、
自分の相棒くんとの違いや、弓の重心のバランスが違うのを感じたりもします。
どこか冷静な部分もあるらしい。

こんな時にすぐに自分を取り戻す方法を知っていたら、緊張した時に応用できるのにな。
深呼吸とか身体を伸ばすとかはやってみました。少しは良くなります。
あとは気にしないこと、かな。(それができないからアワアワしてるんじゃん!)

帰り際、「事故などに合わないようにくれぐれもお気をつけて(^^)」と先生。
いつもいろいろと様子がおかしい生徒でスミマセン(笑)。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫