FC2ブログ

妄想世界で弾いています

 2015-12-17
先日、練習の録音をyoutubeにしたら、これまでよりも客観的に聴けるようになって、
またもや「あ~」とか「う~」とか落ち込んでいました。

頭の中での妄想と、実際に自分ができることがあまりにもかけ離れている。
色んなことを分かっているようなことを言っても、ただ「思うだけの人」なんだな…。ガックリ…。
いつもはそれでもしばらく放っておけば直るのだけど、それがなかなか…。

昨夜、先日の会の写真が届きました。
見ていたら、とても緊張していたことやそれでも幸せな気持になったことを思い出しました。
上手く弾けないところはあっても、あの日、あそこであの曲を弾けることはとっても嬉しかったのです。

自分じゃないような、良い写真がいくつかありました。

アンサンブル初心者合奏会♪第三回発表会151206_241 (調子に乗って出してます、笑)


人さまの前で演奏するのに、こんな顔して弾いてたなんて思いませんでした。
緊張していたし、指の位置を見ると曲の後半で、弓が震えていた箇所です。

自分のことながら、すごく幸せそうに平和そうに見えます。
(実際は弾きながら色々なことが頭を駆け巡っているけど…笑)

ヴァイオリンを始めた頃「演奏家さんのような美しく正しい演奏がしたい」と思う一方で、
「ナリフリ構わず、どんな音が出てもお構いなしに、人さまの前で自分の世界に没頭して弾く人になりたい」
という、少し変わった望みを持っていました。

人にどう思われるか気になるわたしには、到底できない単なる憧れ…の願望でした。
でもこの写真を見ると、ちょっとそれっぽくない???

写真だけ見て音を聴かなければ、なんだか上手そうだし、
自分の世界に没頭しているように見えます!
わたしの願望、もしかして叶っていたかもしれません。

すっかり立ち直りました。(笑)
良くできたかもと思った練習の演奏でも、改めて聴くと未熟さにガックリはします。
でも本番で、妄想の世界の中で弾くことが少しでもできていたなら合格です。
(わたしの判定基準です、笑)

わたしの良いところは、イメージが膨らんで頭の中で妄想できること。
それを見た目で少し表現できたかもしれません。
あとはそれをヴァイオリンで音にすることです。

今では「自分の世界に没頭して美しい音で弾く」という目標になっています。
またハードル上がってる…。
でも、それができたら本当に幸せだろうな~。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫