FC2ブログ

弦楽器フェアへ行きました

 2015-11-01
竹橋の科学技術館で開かれている弦楽器フェアへ行って来ました。

ヴァイオリンを始めてから都合が合えば出掛けています。
最初は行くだけでドキドキして、それでもいろんなヴァイオリンの音を知りたいと思っていたけれど、
会場へ着くとどうしてか鑑賞モードになって、ヴァイオリンを眺めている…というわたしでした。

今は、大好きな自分のヴァイオリンがあるので、いろいろ試してみたいとあまり思わなくなりました。
鑑賞モードになるのは結局一緒ですが。

休日なので人も多く、何だか男性が多いように感じました。
最初に弓をしげしげ眺めていたら、ヘッドのかたちがちょっと違うものが数本ありました。
不思議に思っていたらチェロの弓だとのこと。

ニスの代わりに飛騨春慶という漆を塗ったヴァイオリンが展示してありました。
売り物ではなく、弾いちゃだめとのことで、眺めるだけではなんだかなぁ…。
ニスに比べてピカピカしていて少し透明感があり、厚みもあり固そうです。

__ 2     __ 1

委託されて展示している楽器屋さんと、このヴァイオリンや他のヴァイオリンの話しで盛り上がりました。
弾くだけでなく、ヴァイオリンという楽器そのものも好きなので、楽器屋さんのお話しは面白いです。


ヴァイオリンはほとんど弾かなかったのだけど、小型のコントラバスを弾かせてもらいました。
大きなヴァイオリンのようなそれをじっくり眺めていたら、
「弾いてみますか?」と作ったご本人と作るのを依頼した演奏家さんが声を掛けてくれました。ビックリ!

__ 3  写真だとヴァイオリンに見えるけれどコントラバスです。

イスに座って抱え方を習って、初めてコントラバスの音を出してみました。
弓は太くて頑丈そうで、ヴァイオリンの弓よりもかなり短いのですが、横に持つと結構重たいです。

開放弦だけを高いのから低いのまで、何度もブヮ~ンと弾かせてもらって
「良く響かせるにはどんなコツがありますか?」と目の前でニコニコしている演奏家さんに尋ねたら、
「ん~、思ったよりも軽めで大丈夫ですよ(^^)。」と教えてくれました。
ちょっと上手くなるとブヮ~ンと音が広がって、自分がもっと大きい人になったような感じがします。

一番低い弦は、音が出るというよりも振動が身体に伝わるという感じ。
それでもコントラバスのこの低い音は遠くまで届くんだよな。不思議…。
「前にヴィオラを弾かせてもらったら、アゴを伝って視界がブルブル振動したけれど、
これは身体がブルブルしますねー!」と感想をお話ししました。

小型というのは、普通のと何処が違ってどこを小さくしているのか?
低い音を出すのに小さくして問題はないのか?
素人のわたしの質問にいろいろ答えて教えてくれました。
大事な楽器を触らせていただいて、ありがとうございました。


他に、防音室についてお話しを聞いたり、
つい先日、知り合った人からクラシックギターとアコースティックギターの違いを教わったので
それをギターのブースへ確かめに行きました。
リュートもちょっとはじいてみたら、
たくさん弦が張ってあるけれど同じ音の高さの弦が2本ずつになっていました。知らなかった…。

昨年はとても綺麗な音で弾く人がいるのを聴いて、自分との違いに愕然としましたが、
この前クレーメルを聴いたのでそれは大丈夫。(笑)
いろいろな人があちこちでヴァイオリンを弾いているので、
自分がこの世で一番ヴァイオリンが下手というわけではないことも分かりました。
一人で練習していると、時々そんなふうに思うことがあるから。


お堀のほとりに白い花が光って咲いていました。
最近どうも寒いな…と思ったら、もう11月でしたね。


__ 2 (2)



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫